デイリーアーカイブ 1月 18, 2022

《記者コラム》アンドウ・ゼンパチの生涯=左翼インテリ「アカ移民」のロマン

 19世紀、欧米によって植民地化された東南アジアの二の舞にならないよう、明治政府は「強い国」になろうと中央集権化・国家主義化を推し進めていた。明治政府による上からの国作りに逆行する、国民主体の国のあり方を求める「自由民権活動家」の多...

小児用コロナワクチン=国民の約8割が接種に賛成=約6割「大統領が計画を邪魔」=全国で接種続々はじまる

 5〜11歳児に対するコロナワクチンの接種が始まっている。ダッタフォーリャの世論調査によれば、国民の約8割がこれに賛成しており、約6割はボルソナロ大統領が「子供へのワクチン接種計画を邪魔した(遅らせた)」との意見を持っていることも判...

《ブラジル》オミクロン株=ピーク時超える感染速度=補強接種遅れ入院者急増=数週間後には感染者減少?

 新型コロナのオミクロン株出現で感染者と入院者が急増しているが、国内最大のコロナ禍研究グループの責任者がリオ市では数週間後に感染者急減が起こり得るとの見解を表明したと15日付現地サイトが報じた。  12日付現地サイトによると、オミ...

エリス・レジーナ=19日で没後40周年=3つの大型企画進行中

 ブラジルが生んだ最大の女性歌手とも形容されるエリス・レジーナが19日に没後40周年を迎えることを記念し、三つの大きな企画が進行中と、16日付現地サイトが報じている。  エリス・レジーナは20歳だった1965年に、当時、一世を風靡...

国民的キャスター=「ワクチン強制」で訴訟?=裁判所があっさりと却下

 グローボ局の看板キャスターのウィリアム・ボーネルが「青少年にワクチンを強制した」と訴えられたが、裁判所が却下した。17日付現地紙が報じている。  訴訟を起こしたのはウィルソン・イサオ・コレサワなる人物で、ボーネルは「犯罪組織と組み、ワク...

《ブラジル》コロナでオンライン販売増加=ショッピングの売上を上回る

 新型コロナのパンデミックによってオンライン販売が急増し、21年はショッピングセンターの売上を上回ったと17日付現地紙、サイトが報じた。  カムラ・カピタルが行った調査によると、21年のオンライン販売額は2600億レアルに上り、19年の1...

おしゃべりパパガイオ

 テニスの全豪オープンで世界ランキング男子1位のノヴァク・ジョコビッチ(セルビア)が、コロナワクチン未接種とビザ申請時に嘘を書いたことを理由にビザ剥奪後、国外退去となり、全世界に衝撃を与えている。今の世の中、ワクチン未接種だと、どんな有名人...

在日ブラジル人は20万6365人=在留外国人統計調査(上)=愛知に6万人、静岡に3万人

 出入国在留管理庁は昨年10月15日、2021年6月末現在の在留外国人数を282万3565人と発表。ブラジル人は20万6365人で、前年末と比較して1%減だった。国籍別人数の上位5カ国は、中国人(74万5411人、4・2%減)、ベト...

モジ市=森昇さん白寿をお祝い=「120歳まで生きる」

 「感謝の心が大切。その中でも親への感謝が一番大切だよ」――白寿祝いを兼ねたゴルフ大会に集まった約50人を前に穏やかに語った。森昇さんは1月6日に98歳(数え年で99歳)を迎えた。目標は「120歳まで生きること」だ。  白寿祝い兼...

バストス=新年祝賀会を開催=新会長に吉田クラウジオさん

 バストス日系文化体育協会と中央区親睦会は1日、同協会会館にて新年祝賀会を催し、バストス日系文化体育協会は、吉田クラウジオ和生新会長の就任報告も行った。  新年会では新たに会長に就任した吉田クラウジオ和生さんが新年の挨拶を行った。...

パラナ農家内田さんが自伝出版=「日系二世の生涯の物語」

 パラナ州などで農場経営を行う内田正志さん(92、二世)が自伝「日系二世の生涯の物語」を昨年9月、自費出版した。日ポ両語掲載。  内田さんは1929年11月10日パラナ州コンゴニャス市生まれ。わずか1歳で父親を亡くし、幼少期は原始...

日本ブラジル中央協会=駐在婦人の悩みにお答え=渡航前オンラインセミナー

 一般社団法人日本ブラジル中央協会は日本時間3月26日(土)9時半から12時、「ブラジル駐在員夫人のための渡航前オンラインセミナー」をオンライン会議ツール『ZOOM』にて開催する。  同セミナーはこれから渡伯を予定する駐在夫人向けにブラジ...

ルッパ=リベルダーデ広場に巨大黒だるま!

   日本文化広報施設ジャパン・ハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)が17日、サンパウロ市リベルダーデ広場に巨大な黒いダルマを設置するというので、ルッパ子も早速足を運んだ。  この日、広場には料理の屋台だけ...