《ブラジル》年10%超の物価高に苦しむ企業=狂う仕入れ値、遅れる投資計画=人員削減で労組との難しい交渉も

パンデミック開始以来、急激に上がり始めたインフレ率(ブラジル中央銀行サイト)

 インフレが年10%を超すと、企業は生産コストを予測できず、投資が滞り、価格をより頻繁に調整する必要が生じる。4月のIPCA-15(15日絞めの広範囲消費者物価指数)は12カ月累計で12・03%で、03年11月の12・69%以来、最も高い。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事