《ブラジル》モロの米国事務所での年収360万レ=JL疑惑企業の事業再建担う=巨額すぎ、倫理的に問題か?

放送でのモロ氏(Twitter)

 大統領選出馬が予想されるセルジオ・モロ氏(ポデモス)が、法相辞任後に就職した米国の法律事務所「アルヴァレス&マーサル」社から1年間で360万レアル(約7800万円)の報酬を受け取っていたことを明らかにした。同氏がパラナ州連邦地裁判事時代に担当したラヴァ・ジャット作戦(LJ)で捜査対象となった企業の事業再建を手がける法律事務所からこのような大金を得ていたことが物議を醸している。1月28、29日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事