spot_img

妻が夫の性器切り取り懲役4年=夫「復縁臨む。自分のせい」

ダイアニ被告(右)とジルベルトさん(左)(16日付テラ・サイトの記事の一部)
ダイアニ被告(右)とジルベルトさん(左)(16日付テラ・サイトの記事の一部)

 【既報関連】夫の男性器をカミソリで切断してトイレに捨てるという〝ブラジル版阿部定事件〟の主犯である妻に対して15日、4年以上の懲役刑が言い渡された。夫は妻との復縁を希望しており、被告側弁護団は裁判の判決を不服として控訴することを明らかにした。16日付テラ・サイト(1)が報じた。
 弊紙1月4日付(2)で報じたこの猟奇事件は、2023年12月22日、サンパウロ州アチバイア市の夫婦の自宅で発生した。ダイアニ・ドス・サントス・ファリアス被告(34歳)が性行為の合間に、夫ジルベルト・ノゲイラ・デ・オリヴェイラさんを縛ってその性器をカミソリで切断し、写真を撮って、再移植できないようにトイレに捨てた。
 犯行動機は、当時15歳だった妻の姪と夫が、妻の誕生日に不倫していたことに対する報復だった。ダイアニ被告自身すぐに自首し、今はモジ・グアス女子刑務所に収容されている。
 捜査の結果、同事件は殺人未遂と結論づけられたが、検察局は起訴状の中で非常に深刻な身体的傷害と認定した。16日に行われた裁判では、配偶者に対する犯行と下劣な動機により、ダイアニ被告に4年8カ月26日の禁固刑が言い渡された。彼女の弁護士タシア・マフラ氏は、裁判官が「(彼女は)強い感情に突き動かされて犯罪に走ってしまったことに対する罪の軽減を認めなかった」ため、判決を不服として控訴すると述べた。
 「我々は半監禁制度(Regime semiaberto、非再犯者で、刑期が4〜8年までの服役者に限り、日中は農業集団地や工業集団地で働くことができる制度)を求めたが、それも与えられなかった。ただし、裁判官は刑罰を過度に引き上げなかったので、まずまずの結果と言える」と弁護側は述べた。
 タシア弁護士はまた、被害者のジルベルトさん自身が法廷で、ダイアニ被告は彼に危険を及ぼすことはないと証言したことを考慮し、仮釈放の請求が高等裁(STJ)で保留中であることを明らかにした。
 ジルベルトさんは4月、オ・グローボ紙の取材に対し、元妻と復縁する意思があり、彼女を引き受ける準備があると語った。2人はここ数カ月手紙のやりとりをしており、彼は「完全に許した」と語っている。刑務所にいる彼女に面会し、約4万レアル(約120万円)の弁護士費用の支払いまで申し出た。
 一方ダイアニ被告は刑務所で元夫から手紙を受け取り、自分が彼にしたことを「恥ずかしく」思っていると明かし、復縁の意思を示した。
 ジルベルトさんは、今回のことは自分の責任だと考えており、15歳の姪との裏切りが一家崩壊の元凶だと結論づけた。「よりによって、ダイアニの誕生日に姪と性的関係を持ってしまった。ひどく後悔している。ダイアニは私を愛してくれる素晴らしい女性だ。彼女はあんなふうに裏切られるのに値しない」と苦い胸中を述べた。

最新記事