spot_img

【3日の市況】選挙結果受け、イボベスパ指数は5.54%上昇で2020年以来の高値、ドルは4.09%下落

 世論調査で中道と右派の代表が増えたことが、リスク資産とレアルに有利に働き、アメリカの指標にも助けられた。イボベスパ指数は3日(月)に5.54%高となり、2020年4月以来の高値で引けた。ブラジルの証券取引所の主要なインデックスは、この日曜日の統一選挙の結果によって一部動いたが、同時に外国から来る強力なサポートも受けていた。
 国内では、第1回投票の結果が、市場にはポジティブに受け止められるサプライズをもたらした。大統領候補のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ元大統領(PT)とジャイル・ボルソナロ現大統領(PL)の差が小さくなったこと、議会の構成比率の変化、知事選の争点結果などが投資家心理を改善させる要因となった。
 この結果、PTの候補者が勝利した場合でも、次期政権は統治能力を求めてセントロンに譲歩しなければならなくなったというのが市場関係者の見方だ。
 昨日の結果は、ルーラが勝利した場合、彼をさらに中道へ押しやることになる。これは、2023年以降に超重要となる財政状況にとってプラスであり、また、「赤い波」がなかったことを示すものでもあると理解されている。現在の議会構成が基本的に維持され、さらに強固になるはずだと見られている。
 そのため、ペトロブラスの普通と優先株式(PETR3;PETR4)は、それぞれ8.86パーセントと7.99パーセント、ブラジル銀行(BBAS3)の普通株式は7.63パーセント上昇した 。より中道寄りの政府になるとの見通しになったために、Ibovespaの国有企業の大型銘柄は上昇した。
 中でも、ブラジル経済の見通しが良いことから国内市場に関連する企業や、選挙の影響で民営化プロセスが加速する可能性があると投資家が見ている公益事業(電力・衛生)が高い割合を占めた。

航空会社、公益事業部門がハイライト

 ゴル (GOLL4) とアズール (AZUL4) の優先株は、OPEC が一日の生産量減少を示唆した後に発生したブレントオイルバレルの 4.12%上昇を無視して、それぞれ 12.54% と 11.35% 上昇した。
 サンパウロ州のサベスプ水道公社(SBSP3)の普通株は16.94%、ミナスジェライス州のセミック社(CMIG4)の優先株は10.69%上昇した。同2公社があるこの2州では、右寄りの候補者が選挙で優位に立ったためだ。
 金利が急激に低下したのは、上下両院の構成によるものだと考えている。財政の部分と国の会計との関係で、これ以上思い切った態度をとらないよう、非常に強い反対勢力がいることは明らかだった。小売、土木建設、国営企業など国内セクターの金利と相関のある企業は、金利低下の影響を受けて非常に堅調に推移していると見られている。
 イールドカーブはすべて赤で閉じた。2023年までのDIは13,68%で1,8ポイント低下、2024年までのDIは12,72%で5ポイント低下した。2027年と2029年のDIは、それぞれ11.46%と11.30%で、12ポイントと23ポイント減少した。2031年契約のレートは25ポイント後退して11.55%。
 レアルも財政状況の改善見通しから恩恵を受け、商業ドルは対ブラジル通貨で4.09%下落し、買いは5.173レアル、売りは5.174レアルとなった。
国内シナリオに加え、国外シナリオもIbovespaを押し上げた

 選挙結果がイボベスパ指数に貢献したものの、ブラジル株式市場の主要指数も国外からのサポートを受けている。ニューヨークでは、ダウ平均が2.66%、S&P500が2.59%、ナスダック指数が2.27%それぞれ上昇した。
 米国株式市場が回復したことで、イボベスパ指数は、選挙結果がリスク資産、特に混合企業や国有企業にポジティブなバイアスをもたらし、表情豊かな動きを見せるようになった。
 地元市場だけでなく、ニューヨークのJohn Williamsなどの連邦準備制度理事会のメンバーのスピーチも、国外のポジティブなセンチメントを後押しし、結局この日の午後遅くまで反映されました。ウィリアムズ氏は講演で、アメリカ経済は冷え込む兆しを見せているが、まだ「やるべきこと」があることを否定しなかったという。
 米国では、10年債利回りが16.1bp低下の3.643%、2年債利回りが8.9bp低下の4.12%と、イールドカーブも大きく後退している。

最新記事