フェイクニュースCPMI=2月から本格再開へ=問題は休止期間中に悪化=選挙にらみ、さらに強化へ

アンジェロ上議(上院公式サイト)

 フェイクニュースに対する両院合同の議会調査委員会(CPMI)が2月から本格的に活動を再開する。10月に行われる大統領選をはじめとした選挙への対応を目的としている。最高裁のフェイクニュース捜査対象にはボルソナロ大統領やその一家も含まれている。19日付現地紙が報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事