デイリーアーカイブ 7月 7, 2022

《ブラジル》零細小企業=4200億レアル生み出す=生産性などに課題あるも

 零細・小企業支援サービス(Sebrae)が5日、個人零細企業(MEI)と零細・小企業が年間4200億レアルの収入を生み出している事などを示す、小規模ビジネス地図(Atlas dos Pequenos Negócios)を発表したと...

《ブラジル》サンパウロ州知事選でフランサ氏が出馬断念=ハダジと連立で上議候補に=9日にジアデマで正式発表

 サンパウロ州知事選の候補の一人と目されていたマルシオ・フランサ元知事が所属のブラジル社会党(PSB)に知事選出馬を断念し、フェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)をサンパウロ州知事候補とするシャッパ(連立名簿)で上議選を目指す意向...

《ブラジル》選挙高裁=選挙監視で米州機構と合意=フェイクニュース拡散は当選取り消し

 10月の統一選挙に向け、選挙高裁が国際的な選挙監視団受け入れに関する合意書に署名した。選挙当日のボランティアの選任、通達も始まったと5日付現地サイトが報じた。  国際的な監視団受け入れは2018、20年に続くもので、5日は米州機...

《ブラジル》教育省CPIは「選挙後に実施」へ=ボルソナロには命拾いか?

 ロドリゴ・パシェコ上院議長が5日、上院で開設が望まれていた教育省の国立教育促進基金(Fnde)の不正使用疑惑に関する議会調査委員会(CPI)に関し、「開設は選挙終了後に」との見解を示した。5、6日付現地紙、サイトが報じている。 ...

《ブラジル》中銀職員が正規ストは中止=でも「事実上のスト」は続行

 【既報関連】3カ月にわたってストを行っていた中銀職員が5日朝総会を開きストを中止し、業務に戻る事を決めた。ただし「事実上のスト」である、通常以上に厳格に基準を守りながら業務を行う牛歩戦術「オペラソン・パドロン」は継続と同日付現地サ...

《ブラジル》9州都で基礎食料品セット値上がり

 労組間社会経済調査・統計所(Dieese)が6日、17州都で行った基礎食料品セット(セスタ・バジカ)の価格調査の結果、9州都での価格上昇が確認されたと発表したと同日付伯字サイトが報じた。  値上がりが目立つのはフォルタレーザ市の4・54...

おしゃべりパパガイオ

 5日、ボルソナロ大統領が拒否権を行使した文化支援法案二つを、上下両院が合同審議して拒否権を拒否、つまり法案を成立させた。一つは「アルジール・ブランク法2」、もう一つは「パウロ・グスターヴォ法」で、共に新型コロナウイルスで亡くなった作詞家と...

《ブラジル》コリンチャンスがPKでボカに競り勝つ=キーパーのカシオに新たな伝説

 5日のサッカーのリベルタドーレス杯。コリンチャンスは敵地ブエノスアイレスでのボカ・ジュニオルズ戦が2試合連続の0―0で終わり、PK戦に。そこでもなかなか決まらず、両軍8人ずつ蹴って6―5で勝利した。  「ゴールキーパーのカシオに...

犯罪発生予測技術をブラジルに=ミナス軍警と実証実験開始=シンギュラー社梶田さんら来伯

 地域の犯罪統計情報から未来の犯罪発生地点を予測するコンピューターシステム『Crime Nabi(クライムナビ)』。同システムを開発した日本のIT企業『Singular Perturbations(SP社、シンギュラー・パータベーシ...

在外投票=保守王国日系社会に異変=自民党から参政党に鞍替え続々?=日本に電話、選挙運動の手伝いまで

 従来から日系社会には自民党支持者が多かった。だが、今回の参院選では不思議なことに新しく生まれたばかりの参政党に鞍替えする人が続出しているようだ。保守王国に激震が走っている。  「日本がどうかなってしまう。そんな不安がよぎって、居...

イタペセリカ=10日に第9回桜祭り=GSマレットゴルフ協会

 サンパウロ州イタペセリカ・ダ・セーラ市にあるグランデ・サンパウロ・マレットゴルフ協会(横田ヒロミ会長)は10日午前11時から午後4時頃まで、同ゴルフ場(Sitio Tabata-BR 116-Km 293,Estrada Abil...

デング熱の死者増加続く=温暖化影響こんなところにも

 暦の上では冬だが、最近は寒さの緩い日も多い。そんな折、寝際に蚊に刺され、電子蚊取りを使った。別の日には、目の前を飛ぶ蚊に気づき、孫が刺されないように慌てて叩き潰した。  季節感の狂いに首を傾げていたある日、「デング熱の患者や死者...

特別寄稿=ブラジルのラジオ開始100周年=そして「日本番組」開始90周年=東京在住  平原哲也

 ブラジルの日系移民史を語るうえで、ラジオの日本語放送は欠くことのできないテーマである。サンパウロ市をはじめとする各地で日本語放送が盛んになったのは第2次世界大戦後のことである。  種々制限されていた日本語の使用が徐々に解禁されて...

【6日の市況】Ibovespaはわずか上昇、ドルは再び上昇してR$5.42に

 Ibovespaは水曜日(6日)に0.43%上昇し、98,718ポイントで取引を終えた。ブラジル株式市場の主要株価指数は、緑色で始まった後、取引時間の大半を赤色で過ごしたが、ニューヨークのパフォーマンスに倣って、何とかプラスで引けた。...