デイリーアーカイブ 6月 23, 2022

【日本移民の日特集号】10月選挙で苦しいのはボルソナロだけじゃない=前回台頭した保守派が軒並み苦戦=南米全体で勢力強める左派勢力

 10月に行われる大統領選は、ブラジルの今後の行方を左右するものとして大いに注目されている。6月までの現状ではルーラ元大統領(労働者党・PT)の支持が圧倒的で、13年ぶりの政権復帰があり得る状況になってきている。ボルソナロ大統領(自...

【日本移民の日特集号】独立200周年を祝う「自由の道」企画を発表=国道40号線沿いのツアー開始=2世紀の歴史を振り返る

 4月26日、リオ、ミナス、ゴイアス、連邦直轄区を結ぶ観光企画「自由の道」が発表された。国道40号線に沿って307市を訪ねる1179キロの旅は、9月に迎える独立200周年記念イベントの一つでもある。  「自由の道」はリ...

《特別寄稿》一冊の本との出会い=サンパウロ市 森田幸子

※森田さんの郷土で発行されている町民文芸誌「たかの風』に特別寄稿として掲載された文章  日本の実家では、何十年も前から農家向けの本『家の光』を購読していた。その時に見た一ページ、「この青年たちに花嫁を!」こんな見出しのページを...

《ブラジル》「これ探してるの?」と警官に差出す=4歳児が麻薬捜査で大手柄

 マット・グロッソ・ド・スル州カンポ・グランデで20日、4歳の女児が麻薬密売捜査で大手柄をたてたと21日付G1サイトなどが報じた。  同州市警によると、この少女は車の後部座席にいたが、麻薬捜査の警官が父親とその兄弟の身体検査を行っ...

《ブラジル》連邦政府が選挙前にバラマキ政策続々=ガス代やトラック運転手援助=支持者への優遇なら違法?

 ボルソナロ政権と連邦議会は21日、台所用のガス高騰に対するアウシリオ(援助金)拡大と、燃料代対策としてのトラック運転手向けのアウシリオ創設に関して21日に話し合いを行った。新たなアウシリオ創設に関しては、選挙の直前でもあり、選挙法...

《ブラジル》汚職でリベイロ前教育相逮捕=配下の牧師が不正な口利き=大統領選にも悪影響か

 23日朝、教育省の汚職問題でミルトン・リベイロ前教育相が逮捕されたと同日付現地サイトが報じた。リベイロ氏はサンパウロ州海岸部サントス市に住んでおり、朝7時頃、連邦警察に連行された。  今回の逮捕劇は、リベイロ氏が教育相を辞める原...

《ブラジル》ペトロブラス=24日に総裁候補の審議=政府は週内就任を望むも

 【既報関連】ペトロブラス社(PB)が21日、次期総裁に指名されたカイオ・パエス・デ・アンドラーデ氏の適格性審査を行うための委員会を24日に開催すると発表したと21、22日付現地紙、サイトが報じた。  ボルソナロ大統領がジョゼ・マ...

《ブラジル》Aneel=電気代追徴料金を値上げ=3・2~63・7%の幅で

 国家電力庁(Aneel)が21日、火力発電利用時に徴収する電気代の追徴料金の値上げを認めたと同日付現地サイトが報じた。  現在は水力発電所のダム貯水量が十分なため、追徴料金0の「緑旗」が適用されているが、少雨、干ばつが起きた時や乾季は経...

《ブラジル》ヴィラス・ボアス元陸軍司令官がGSI補佐官を辞任=軍人閣僚の影の調整役

 元陸軍司令官で、ボルソナロ政権での軍人官僚の調整役とみられていたエドゥアルド・ヴィラス・ボアス氏が21日、大統領府安全保障室(GSI)の特別補佐官を辞任した。22日付現地紙が報じている。  ヴィラス・ボアス氏は2015年、ジウマ大統領(...

おしゃべりパパガイオ

 サンパウロ州レジストロで、男性の検察官が上司の女性検察官を殴り倒したショッキングな映像が出回り、話題を呼んでいる。デメトゥリウス・オリヴェイラ・デ・マセド氏は20日、自身が暴力的言動で捜査対象になったことの腹いせに、捜査開始手続きを行った...

《ブラジル》サル痘の感染者11人に増える

 【既報関連】保健省が21、22日にサル痘患者3人を確認と発表したと同日付現地サイトが報じた。一人は米国在住で現在はサンパウロ州にいる27歳男性、残る二人は36~38歳で欧州への旅行歴があるサンパウロ州在住の男性だ。  これにより、感染が...

【22日の市況】Ibovespaはコモディティ企業に引っ張られてわずかに下落、ドルはR$ 5.17に

 水曜日(22)、Ibovespaは99.552ポイントに0.16%後退して終わった。出来高はR$23.6億レアル。  ダウ平均は0.15%、S&P500は0.13%、ナスダックは0.15%下落し、終日小幅な下落で取引を終えた...

故郷に錦を飾った森田幸子さん=地元文芸誌に手記掲載で反響

 「兄のおかげで、まるで故郷に錦を飾ったみたい。でも、錦というより60年ぶりの浦島太郎ですね」――サンパウロ市在住の森田幸子さん(80歳、兵庫県出身)は、最近の出来事を説明しながら、そう言って笑った。  事の起こりは、森田さんが自...

文協=101団体で盛大に開催=第55回コロニア芸能祭

 ブラジル日本文化福祉協会(文協、石川レナト会長)は6月25~26日、ブラジル日本移民114周年記念「第55回コロニア芸能祭」をサンパウロ市の文協ビル大講堂で開催する。入場無料。  芸能祭では、玉城流小太郎会大嶺初枝道場による獅子...

訃報=上原武夫さん

 元沖縄県人会ビラカロン支部長の上原武夫さんが6月21日深夜、心臓発作で亡くなった。行年88歳。上原さんはブラジル沖縄県人会で副会長、社会福祉団体「こどものその」とサンパウロ日伯援護協会で理事を務めるなど日系団体の活動に貢献した。 ...

ブラジルが「パーリア」な状態に=アマゾンを危険な場所にしたのは誰か

 「ボルソナロ政権はブラジルを国際的に『パーリア』な国にしている」。アマゾニア州ヴァーレ・ド・ジャヴァリで起きた英国人ジャーナリストとブラジル人先住民保護活動家殺害事件に対するボルソナロ大統領の対応について、現地メディアがそう警鐘を鳴らした...