spot_img

検察庁=幹線道路封鎖の首謀者ら起訴=22年大統領選直後の抗議で

幹線道路封鎖の様子(Ⅹ)
幹線道路封鎖の様子(Ⅹ)

 連邦検察庁は20日、2022年の大統領選直後にルーラ氏の当選に反対して幹線道路を封鎖した9人を起訴した。同日付アジェンシア・ブラジル(1)などが報じている。
 これは、2022年10月30日の大統領選決選投票の結果が出た直後から約1週間後の11月7日にかけて、ボルソナロ大統領(当時)支持者たちがサンタカタリーナ州内の幹線道路を封鎖し続けた行動に対するものだ。この抗議行動は「ブレメル」という企業の役員が中心となって行われた(2)

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事