spot_img

最高裁トフォリ判事=「ルーラ逮捕は過ちだった」=オデブレヒトの証拠、無効に

 最高裁のジアス・トフォリ判事は、「ルーラ氏の逮捕は仕組まれたもの」で「ブラジル司法界で史上最大の過ちだった」とし、ラヴァ・ジャット作戦の際、建築大手オデブレヒト社が減刑を前提に行った捜査協力(企業版の報奨付証言)に基づく証拠をすべて無効とする判断を下した。6日付CNNブラジル(1)やG1サイト(2)などが報じている。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事