spot_img

【1日の市況】建設銘柄に引っ張られイボベスパ指数は0.81%上昇、ドルは0.71%上昇

 イールドカーブの低下と予想を上回るGDPの増加により、国内市場に関連する企業が急成長した。
 Ibovespaは1日(木)は110,405ポイント、0.81%の僅かな上昇で引けた。ブラジル株式市場の主要指数は、主に国内市場に連動する株式が牽引し、米国株式市場を上回った。国内では、第2四半期のGDPが予想を上回る1.2%の伸びを示し、今年度の経済見通しを上方修正したことが注目された。
 ニューヨークでは、ダウ平均が0.46%、S&P500が0.30%の上昇となった。しかし、ナスダックは0.26%下落し、先週金曜日のジャクソンホールシンポジウムでのパウエル氏の講演以来、弱気相場が続いている。
 国外ではリスク回避で始まったと見られている。投資家は、明日に控えた米国の雇用統計の発表に慎重になっている。
 10年物の国債利回りは、恐怖心があるため再び上昇し、13.1bp上昇の3.263%となった。2年物については、6.2ベーシスポイント増の3.512%だった。
 本日発表された重要なデータは、米国の失業保険の初回申請者数が予想を下回り、労働市場が堅調であることを示している。8月27日に終了した週の米国における新規失業保険申請件数は23万2,000件で、コンセンサスは24万8,000件だった。このデータにより、Payrollsの発表に対する警戒感が強まり、専門家は平均して8月に30万人の雇用が創出されると予測している。
 米国および欧州の利上げ観測が強まり、リスク回避の動きが強まった結果、ドルが他の通貨に対して強含みとなった。先進国通貨に対するアメリカの通貨の強さを示す指数であるDXYは、109.73ポイントとなり、20年ぶりの高値を記録した。対レアルでは0.71%の上昇となり、買いは5.237レアル、売りは5.238レアルで取引された。
 米国からの圧力に加え、世界第2位の経済大国である中国のニュースにより、世界経済の成長率低下への懸念が強まった。人口2,100万人以上の都市である成都で、アジアの巨人が新たに封鎖を行った。
 加えて、日中4%も下落したヴァーレ(VALE3)の株式を説明するのに、中国への懸念が膨らみ続けているためだと指摘する専門家もいる。ブラジルはコモディティ価格の下落が起きており、金属系しかり、エネルギー系や農業系もしかり。
 大連取引所で取引されている鉄鉱石は、アジア諸国が最大の消費国であることから、1.17%下落し97.99米ドルとなった。原油も大幅に下落し、ブレント原油は91.94米ドルで、3.87%下落した。ヴァーレの普通株は0.95%下落、CSN(CSNA3)は1.55%下落した。一方、ペトロブラス(PETR3;PETR4)の普通株式は1.83%、優先株式は1.87%上昇した。
 コモディティの下落が一部の銘柄に重くのしかかったが、ブラジルのイールドカーブはここしばらく収縮を続けている。2023年のIADは2ベーシスポイント下がって13.72%、2025年は21ポイント下がって11.79%だった。2027年のDIは23ポイント減の11.58%、2029年のDIは20ポイント減の11.76%であった。2031年のDIは、11.89%と18ポイント低下した。
 金利の低下により、小型株指数が他のブラジル株式市場よりも良いパフォーマンスを示したことを強調するエコノミストもいる。
 土木建設セクターも同じ理由で注目され、上昇率上位ではMRV(MRVE3)が7.59%、Cyrela(CYRE3)が6.92%、JHSF(JHSF3)が5.16%の普通株上昇となった。
 DI の終了に加え、第 2 四半期の国内総生産(GDP)が 1.2%増となり、ブラジルのシナリオに関連する企業が目立ち、ポジティブな結果となった。

最新記事