spot_img

サンパウロ美術館名物、赤い柱が復活

MASP(Instagram)
MASP(Instagram)

 パウリスタ大通りにあり、通常の活動と並行して改修工事を行っているサンパウロ美術館(MASP)の柱が、再びトレードマークの赤に塗られた。柱の色は改装のため、4月末に一旦取られ、市民の間で話題となっていたが、これで無事、これまでどおりの色に戻った。MASPは1968年に現在の建物で運営が始まっており、改装工事を行うのは50数年間の歴史の中で初めてだという。(1)

最新記事