spot_img

パラナ州=公立校のアウトソース法案承認=教員や生徒は議会前で激しい抗議

4日の投票前のパラナ州議会前(Valdir Amaral/ALEP)
4日の投票前のパラナ州議会前(Valdir Amaral/ALEP)

 パラナ州議会で3日と4日、204の公立校の経営をアウトソースできるようにする法案が審議、承認された。議会の内外では州民による強い反対運動も起きた。4日付G1サイト(1)などが報じている。
 公立校の経営権委譲に関する投票は3日に1回目が行われ、39対13で可決された。ラチーニョ・ジュニオル知事(社会民主党。PSD)が率いるパラナ州政府が5月27日に提出した提案は、緊急議題扱いで投票が行われた。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事