spot_img

モロ上議が最高裁で被告に=メンデス判事への侮辱発言で

モロ上議(Isac Nobrega/PR)
モロ上議(Isac Nobrega/PR)

 最高裁は4日、セルジオ・モロ上議(ウニオン)が行った、「最高裁のジルマール・メンデス判事は人身保護令を売買している」との発言を問題視し、名誉毀損により被告にすることを決めた。同日付UOLサイト(1)が報じている。
 モロ氏は2022年にプライベートのシュラスコの席での会話で、「司法の世界においては、ジルマール・メンデス判事から人身保護令を買っておけば大丈夫なんだよ」と談笑していた姿が動画に撮られ、翌23年に拡散されて問題になった。この件でモロ氏は、連邦検察庁のリンドーラ・アラウージョ副長官(当時)から最高裁に起訴されていた。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事