spot_img

【31日の市況】Ibovespaは0.50%下落で122,098.09ポイントに、4週連続の金曜日安=5月は月足で3.04%マイナスとなり、1月のマイナス4.79%に次ぐワースト2位

 先週と同じく、Ibovespaは122,098.09ポイントと0.50%下落し、609ポイントの損失となった。実際、4週連続の金曜日マイナスとなった。最後のプラスは3月5日の1.09%だった。5月は月足で3.04%マイナスとなり、1月のマイナス4.79%に次ぐワースト2位となった。2024年の株価を読むことは簡単ではない。少なくともブラジルでは、穏やかな金曜日を楽しむのは、今のところ難しい。
 NY市場では、4月の個人消費支出(PCE)インフレ率が予想の範囲内でコアインフレ率が予想を下回ったため、安堵感が得られると期待された。しかし、実際はそうではなかった。指数はまちまちに反応し、ダウ平均は快調に上昇し、S&P500とナスダックは終盤一貫して下落した。
 エコノミストによると、インフレ率は予想より低かったものの、特にサービス業の物価には根強いインフレ傾向が見られ、PCEが米金融政策の目標に到達するのは難しそうだ。FRBの次回決定は6月12日に発表され、金利は年5.25%から5.50%の範囲にとどまると予想されている。しかし、アナリストたちは利下げ予想を調整するため、米金融当局の予測に変化が生じることをまだ期待している。
 1月、FRBはまさにこの会合で利下げサイクルを開始すると予想していたことは記憶に新しい。しかし、そうでないことは確かだ。ノモスのエコノミスト兼投資ディレクターであるベト・サーディア氏は、「昨年末まではインフレは順調で、FRBは利下げ開始の日を指折り数えていた。今年に入り、ディスインフレが止まり、物価は希望よりはるかに高い水準で安定した。そして市場は、次の軌道は上向き(リフレ)なのか、それともインフレの下降軌道は軌道を回復するためのピットストップに過ぎないのかに疑問を呈した」と見ている。このシナリオについて楽観的な見方をしており、「米国の利下げの可能性は11月も続き、世界的な金利低下サイクルにおいて欧州やその他の地域と同期するため、良いタイミングで行われる」とコメントした。
 XPのエコノミスト、フランシスコ・ノブレ氏は、12カ月のコアPCEは3月の2.81%から4月には2.75%に低下したものの、過去6カ月のデータでは年率換算で増加しており、指数は3.2%と2023年7月以来の高い値になっていると指摘する。「FRBは12月に利下げを開始すべきだという我々の基本ケースとデータは一致していると我々は考えている。4月のデータがより穏やかであったとしても、第1四半期の一連のデータは緩和サイクル開始のハードルを上げている」
 今日発表されたPCEを受けて、米国の投資家は9月の利下げ確率を51%と予想した。前回の報告では49%だった。
 月末Ptaxの成立をめぐる争いの中、商業ドルは0.82%上昇し5.25レアルとなった。また、横ばいで始まった銀行間預金金利(DI)はまちまちで、米国債はPCEが安定したことで下落した。

トランプとハダジ

 その他のニュースも市場に影響を与えたので、簡単に列挙しておこう。政治面では、ドナルド・トランプ氏が米国大統領として初めて刑事犯罪で有罪判決を受け、同国の選挙は未知の領域に突入した。前大統領は、判決は政治的なものであり、控訴すると述べている。
 ブラジルでは、フェルナンド・ハダジ財務相が、インフレ目標の変更を検討したことはないと述べた。
 また、同財相は、外国サイトでの購入に対する課税で勝利を収めた。 XPのモーニングコールに参加したXPリサーチのリテール・アナリスト、ラリッサ・スーマー氏は「一般的に、この発表は小売業者、特にレナー(LREN3)、C&A(CEAB3)、ロハス・リアチュエロのオーナーであるグアララペス(GUAR3)などの中所得層向け衣料品小売業者にとってポジティブであり、待ち望まれたものであると我々は見ている」と述べた。さらに「シェインやeコマース企業の影響を受けるカサス・バイア(BHIA3)やマガル(MGLU3)、Shopeeや他のタイプのプレイヤーの影響を受けるカサス・バイア(BHIA3)やマガル(MGLU3)などが挙げられる」と続けた。アナリストがリストアップした中で、MGLU3だけが2.57%上昇し、LREN3は1.80%下落した。

ヴァーレ、ペトロブラス、銀行

 ヴァーレ(VALE3)も、中国の鉄鉱石に対する短期的な需要が減少する中、0.06%下落した。これは鉱山会社にとって3回目の下落だ。
 サンタンデール(SANB11)が0.14%上昇したのとは反対に、銀行は下落してこの日を終えた。BB(BBAS3)は0.73%下落、ブラデスコ(BBDC4)は0.94%下落、イタウ・ウニバンコ(ITUB4)は1.02%下落した。
 ペトロブラス(PETR4)は今日一日を救った。少なくともIbovespaがひどく下落するのを防いだ。国際的な原油価格を背景に、株価は再び2.75%上昇した。投資アナリストのロドリゴ・コーエン氏は、「今月も終わりに近づいているが、新総裁に就任したマギダ氏が何をするのか不透明な部分があるため、市場では多くの投資家やファンドがペトロブラスを売却し、今日ポジションをキャンセルしていると思う」と述べた。
 グルーポ・マテウス(GMAT3)は0.77%下落し、連休前に4.53%の大幅上昇を見せた後、ライバルチェーンの買収に関する覚書を交わした。XPはこの買収により、同社が北東部でのプレゼンスを強化し、実行リスクと競争リスクを軽減すると同時に、運転資本と経費のシナジー効果を得られる可能性があると強調している。また、他の州での事業拡大にも注力できるようになり、同地域での統合が加速するはずだ。
 しかし、GPA (PCAR3)は7.72%下落した。イタウーBBAは、2024年末の目標株価を3.70レアルとし、マーケットパフォーム(中立)推奨でカバレッジを再開した。BBA社については、事業再生プロセスによって同社は正しい軌道に乗り、資本構造の大幅な改善によってすでに実を結んでいる。しかし、現時点では、より建設的なポジションを支えるバリュエーション・バラストがまだ不足している。
 来週は忙しくなりそうだ。4日(火)にはブラジルの24年第1四半期GDPが発表され、6日(木)にはECBが利下げに踏み切るかどうかを決める決定的な会合を開き、7日(金)には米国の5月雇用統計(労働市場データ)が発表される。
 流れは変わるだろうか?

最新記事