spot_img

【22日の市況】ボベスパ指数は1.38%下落して125,650.03ポイント、1,700ポイント以上の大幅な下げ=月次では0.22%マイナス

 前回(4月30日と5月1日)のFRB議事録が、今日の世界市場の悪いムードの基調となった。ここ数日見られた警戒感は、「タカ派的」と分類された議事録が公表されるやいなや、追い打ちをかけるものになった。ボベスパ指数は結局1.38%下落し、125,650.03ポイントと、1,700ポイント以上の大幅なマイナスとなり、月間取引終了まであと数セッションに迫った5月の累積結果は0.22%のマイナスとなった。サンパウロもウォール街に続いて指数を下げた。銀行間預金金利(DI)もほぼ1%上昇した。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事