【18日の市況】Ibovespaは米国の動きに連動、連続高を中断、ドルは再び上昇

 高値圏で5営業日を取引きしたブラジル株式市場は、積極的な金融引き締めと経済成長の減速懸念に圧迫された米国株式市場の暴落を受けて、18日(水)は下落して引けた。
 ペトロブラス (PETR3;PETR4) とヴァーレ (VALE3) も、世界経済の厳しい見通しを反映して、株価の足を引っ張った。ゴールドマン・サックスは本日、ゼロコロナの政策により、2022年の中国のGDPの見通しを4.5%から4%に引き下げた。
 Ibovespaは106,038ポイントから108,923ポイントの間で推移した後、2.34%下落し、106,247ポイントとなった。金融収支は295億レアルだった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事