spot_img

アルゼンチンで官房長官辞任

ポッゼ氏(Instagram)
ポッゼ氏(Instagram)

 アルゼンチンのミレイ政権で、ニコラス・ポッセ官房長官が辞任した。理由は「現政権との方向性の違い」とされ、後任には現内相のギジェルモ・フランコス氏が就任する。ミレイ政権下では3月のギジェルモ・フェラーノ・インフラ相辞任に続く人事交代となった。ポッセ氏は先週、ブエノスアイレス市のライブハウスで行われたミレイ氏の著書の発売記念イベントにも欠席しており、辞任が噂されていたという。(2)

最新記事