spot_img

RS州大水害=農業界で25億レ超の損害=家禽部門だけで1・8億レ=設備や加工場まで被害甚大

広範囲に及ぶ水害で経済活動も止まっているRS州(Asgav/Divulgacao)
広範囲に及ぶ水害で経済活動も止まっているRS州(Asgav/Divulgacao)

 【既報関連】4月末からの豪雨による大水害はリオ・グランデ・ド・スル(RS)州全域、全部門に甚大な被害をもたらしており、20日はリオ・グランデ・ド・スル州家禽(家で飼っている鳥類)団体(Oars)が今回の豪雨での家禽部門の損失は1・8億レとの報告を出した。21日からは雨が戻り、グアイバ湖やパトス湖の周辺では洪水被害の再拡大が懸念されている。
 20日付グローボ・ルラルなど(1)(2)(3)によると、Oarsがガウシャ家禽協会(Asgav)や家禽製品組合(Sipargs)と共に行った調査で判明した同部門の損失は5~20日の間だけで1・829億レだという。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事