鹿児島県人会=3年ぶりの忘年会に会員大集合=高齢会員に感謝の「かるかんまんじゅう」

皆で集合写真

 ブラジル鹿児島県人会(文岡セルジオ正樹会長)は11日、サンパウロ市ジャバクアラ区の同県人会会館で敬老会および忘年会を行った。コロナ禍により3年ぶりの開催。サンパウロ市在住会員を中心にマナウスやイビウナ、インダイアツーバなどの地方会員ら約60人が参加した。75歳以上の高齢者に対し、婦人部と青年部が協力して作った鹿児島県の郷土料理「かるかんまんじゅう」が贈られ、参加者らは持ち寄った料理を楽しみながら一年の労をねぎらった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事