ブラジル和歌山県人会=手作りお好み焼き300枚販売=婦人部活躍、男性会員がサポート

手馴れた様子でお好み焼きを作る婦人部の皆さん

 ブラジル和歌山県人会連合会(谷口ジョゼ眞一郎会長)主催の「和歌山お好み焼き祭り」が4日、サンパウロ市アクリマソン区の同県人会館で開催された。同祭は事前予約制の持ち帰りのみで、当初の目標だった300枚弱の関西風お好み焼きを販売。午前11時から午後3時までの間に受け渡しが行われた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事