ブラジル福岡県人会=県人移民110、会創立90周年祝う=生嶋副知事ら来伯、200人が参加

右から順に西尾文協会長代理、桑名サンパウロ総領事、南アゴスチンニョ俊男会長、生嶋副知事、吉松県議会議長代理、松尾相談役(左端)による鏡開き

 ブラジル福岡県人会(南アゴスチンニョ俊男会長)は10月23日、聖市リベルダーデ区のイベント施設「Hakka Plaza」で「福岡県人ブラジル移民110周年ならびにブラジル県人会創立90周年記念式典」を開催した。母県から生嶋亮介(しょうじまりょうすけ)副知事、吉松源昭(よしまつもとあき)県議会議長代理ら慶祝団12人が参加。県人会関係者ら200人で節目の年を祝った。記念式典は当初、2020年に開催予定だったが、コロナ禍のため延期されていた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事