spot_img

【28日の市況】外国や財政リスクからの下げ圧力でイボベスパ指数0.17%下落、ドルは0.60%上昇

 中国で感染規制が緩和されたことによるコモディティの上昇は、下落を和らげたものの、市場の悲観的な見方を払拭するには十分ではなかった。Ibovespaは火曜日(28)に100.591ポイントで0.17%、下落して閉じました。ブラジル証券取引所の主要株価指数は、午前中に上昇に転じましたが、国際市場や現地のイールドカーブからの圧力を受け、結局は下げて終えました。

 しかし、米国では、ブラジルローカルで記録されたものよりも大きな落差があった。ダウ・ジョーンズは1.56%、S&P500は2.01%、ナスダックは2.98%それぞれ下落した。そこでは、投資家は引き続き慎重な姿勢で、金曜日に予定されている同国の主要なインフレ指数である個人消費者物価指数(PCE、英語での頭文字)の発表を待っていると見られる。
 また、Conference Board が計測した米国の今後 12 ヶ月 のインフレ予想が過去最高の 8%に達したことが、市場の信頼感を低下させ、連邦準備制度が金利上昇を加速させる恐れを強めたと指摘する専門家もいます。
 米国の金利上昇の見通しを強めた連邦準備制度理事会の理事の演説にも注目が集まっている。ニューヨーク連銀のジョン・ウィリアムズ氏は、CNBCのインタビューで、アメリカの金融機関は7月の会合で50または75ポイントのベースアップを議論し、2023年までアメリカ経済を制限的なレベルにすることが必要であると述べた。サンフランシスコ連銀のメアリー・デイリー氏は、今年はアメリカ経済の成長が鈍化すると見ているが、まだ不況とは見ていない、と述べた。
 年債の配当利回りは1ベーシスポイント上昇し、3.12%となった。
 今日、中国では、青島で鉄鉱石が3.80%上昇し、1トン124.82米ドルになった。ブレント原油は2.37%上昇し、1バレル117.82米ドルに達した。
 中国政府がゼロ金利政策にわずかながら前向きな姿勢を示したとの報道を受け、コモディティ市況は好反応を示した。第2位の経済大国の政府は、観光客が入国する際の検疫時間を半減させた。これで中国の規制が弱まり、中国の需要が再開される可能性があるとの期待が高まっている。
 
Ibovespaはコモディティの上昇についていけない

 ブラジルでは、指数の大部分を占める非製造業製品が高水準であったにもかかわらず、世界的なリスク回避姿勢の低下と金利カーブから強い下げ圧力がかかった。
 Ibovespaが大きな下落をしたかもしれない状況を緩和したという意味で、コモディティ銘柄は積極的に貢献した唯一のものだった。外国から売りが出ており、市場は米国の景気後退のリスクを見て、また連邦準備制度理事会の利上げペースの強さを観察している。
 非製造業製品の増加で貿易収支がブラジルに有利になる傾向があっても、0.53%上昇したDXYに続き、ドルも5.266レアルと買い優勢で0.60%上昇して引けた。
 リスク回避志向の低下に加え、DIも取引時間中のハイライトとしてマイナスとなった。2023年および2025年契約の利率はそれぞれ10ベーシスポイント上昇し、13.77%および12.86%となった。2027年と2029年のDIの利回りは、それぞれ24ポイントと21ポイント上昇し、12.79%と12.91%になった。
 ブラジルの連邦債務は5月に2%増加し、5兆7000億レアルに達した。公的債務の増加数は加速的に増加していると専門家は警鐘を鳴らす。その財政リスクのため、中国から良いニュースが来たにも関わらず、Ibovespaは下げた。
 加えて、政治的なニュースによって市場が悪いムードになったと指摘するエコノミストもいる。「これから提示される燃料のPECは、予想以上の出費をもたらす恐れがある」との見方だ。その結果、国内経済に注力する企業に影響を与え、小売、銀行、医療、教育などのセクターの企業がかなり強く後退したと見られている。
 ただし、PECの報告者であるFernando Bezerra Coelho上院議員(MDB-PE)は、水曜日の午前9時30分(ブラジリア時間)に 意見を発表することを再度延期した。
 その結果、ブラジルの株価指数では、ポジティボ(POSI3)とビア(VIIA3)のON株が大きな打撃を受け、それぞれ5.7%と5.46%の下落を記録した。次にハプビダ(HAPV3)とレデドール(RDOR3)が5.78%、4.05%下落した。
 上げたのは、1.59%上昇したヴァーレ(VALE3)のON株。ペトロブラスのON(PETR3;PETR4)は1.43%、PNは1%上昇した。

最新記事