spot_img

日系医学生の義勇兵が死亡=正義感の強さからウクライナへ

亡くなったアントニオ・ハシタニさん(7日付テラサイトの記事の一部)
亡くなったアントニオ・ハシタニさん(7日付テラサイトの記事の一部)

 ウクライナ軍義勇兵として戦っていた日系人医学生アントニオ・ハシタニさん(25)が、バフムート市で戦闘中に死亡したと7日付エスタード紙など(1)(2)が報じている。
 同市はロシアとの国境から約250キロ離れたドネツク州の北東部に位置し、ロシアのウクライナ侵攻において昨年から激戦地の一つになっている戦場だ。
 ハシタニさんはパラナ州のクリチバ市出身で、パラナ州カトリック大学(PUCPR)で医学を専攻していたが、現在は義勇兵としてウクライナ軍に協力していた。
 今週月曜日7日、ブラジル外務省からの電話で彼の死亡の知らせを、妹が受けた。同氏は2日から3日の間に亡くなったとみられており、死亡証明書の発行とブラジルへの遺体搬送を支援する旨、遺族に伝えた。
 カトリック大学は同氏の死について「ご家族とご友人に哀悼の意を表し、連帯を表明する。また武力紛争下での深刻な状況に直面しているウクライナの人々に、我々は常に寄り添う姿勢だ」と声明文を発表した。
 8月8日付G1記事によれば、ハシタニさんは大学3年時にアフリカでの人道的プロジェクトに参加するため休学した。妹のフランシエレ・ハシタニ・ゴメス・デ・オリベイラさんによれば、兄はタンザニアで子供たちのために公園を作ったという。「彼は子供たちを助けることに情熱を持っていた」と語った。
 友人らは彼の死に関して「頑固な性格と強い正義感から、一度決めたことは曲げなかった。アフリカでは飽き足らず、ついにウクライナの戦場に行った」と投稿した。
 7日付G1記事よればウクライナ戦争に志願したブラジル人義勇兵らが作ったWhatsAppグループでは「残念ながらこれは悪いニュースだ。戦闘で死亡したブラジル人はすでに4人目。ここにいるブラジル人全員がショックを受け、誰もが悲しんでいる。ここは本当にとても危険だ」との危機感のこもったメッセージが流れた。

最新記事