全伯俳句大会=幼な移民異国に老いて春を詠む=山田かおるさん1位に輝く=頭脳明晰97歳、アリアンサ育ち

挨拶をする吉田しのぶ実行委員長
挨拶をする吉田しのぶ実行委員長

 ブラジル日本文化福祉協会主催の「第13回全伯俳句大会」が21日、3年ぶりに同会議室で対面開催された。当日の席題部門では《幼な移民異国に老いて春を詠む》など作った山田かおるさん(97歳、香川県)が18点で見事1位に輝いた。第2位は山城みどりさん(11点)、第3位は鈴木文子さん(10点)。グァタパラからも3人が出席するなど26人が集まって旧交を温めた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事