spot_img

ルーラ政権=組合税の再義務化を検討=以前の3倍以上の高額負担

ルイス・マリーニョ労働相(21日付ポデール360サイトの記事の一部)
ルイス・マリーニョ労働相(21日付ポデール360サイトの記事の一部)

 ルーラ政権は、組合税を再び義務化することを検討している。同税復活の準備は新政権発足時からルイス・マリーニョ労働相(労働者党・PT)によって進められており、現在は実現に向けた法案を9月に提出するための動きが強まったと、22日付オ・グローボなど(1)(2)(3)(4)が報じている。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事