日本語センター=375人の入賞作品を表彰=第18回日本語まつり

開会式後のA組の表彰式の様子

 ブラジル日本語センター(矢野敬崇理事長)は、『第18回日本語まつり』を16日、サンパウロ市ビラ・マリアナ区の同センターで対面とオンラインのハイブリッド方式で開催した。全伯日本語学校生徒作品コンクールの表彰式も行われ、書道、絵画、硬筆、作文、漫画、イラストの6部門に応募した計1180人の中から、375人の入賞作品を表彰した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事