spot_img

《記者コラム》〝ブラジル人〟として蘇った武本由夫=「文学の鬼」の見事な死にざま

〝無冠の帝王〟武本由夫

武本由夫

 《今後、わたしのような〝物好き〟が現れないと、日本語による〝コロニアの総合文芸誌〟は消滅するかも知れません。さびしいことですが……。いずれにしても、「サラバ、サラバと別れけり」です。どうか、皆さんご機嫌よう》
 19日に行われた武本文学賞授賞式を取材した際、受賞者の大半がブラジル全土から集まった非日系人であるのを見ながら、武本本人が遺書の最後に書いたそんな言葉が脳裏をよぎった。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事