最高裁が虚報監視権承認=選挙高裁は発信者らに密着=選挙ハラスメントの摘発も

虚報拡散の中心人物のアカウント監視を決めたと報じる24日付G1サイトの記事の一部
虚報拡散の中心人物のアカウント監視を決めたと報じる24日付G1サイトの記事の一部

 【既報関連】大統領選等での虚報拡散激化を受け、選挙高裁が虚報監視を強化し、2時間以内の虚報削除を命じた事で、アウグスト・アラス検察庁長官が検閲行為だと訴えたが、最高裁判事は選挙高裁の監視権を認めたエジソン・ファキン判事の判断を支持と25、26日付現地紙、サイトが報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事