spot_img

サンパウロ総合大学、南米大学1位から陥落

サンパウロ総合大学(Diego Moreira/MaquinaCW )
サンパウロ総合大学(Diego Moreira/MaquinaCW )

 4日にQSワールドが発表した世界大学ランキングで、サンパウロ総合大学(USP)は南米大学トップの座をアルゼンチンのブエノスアイレス大学に明け渡した上、チリ・カトリック大学にも肉薄されていることがわかった。南米トップ3の3大学は世界でも、71位、92位、93位となっている。USPは昨年の85位から後退した。なお、全世界での1位は米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)で、実に13年連続で世界一だ。(1)

最新記事