《ブラジル》上院リーダー不在で連邦政府ピンチ=不利な法案が続々と通過=2カ月かけても後任決まらず

ベゼーラ上議(Senado)

 上院の政府リーダーが2カ月間も不在という状態が続き、政局調整が難航する状態がさらに続くとみられていることから、連邦政府が嫌う法案承認を止められない状況が長引く可能性が出てきていると、21日付現地紙などが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事