spot_img

欧州議会選がブラジルに影響?=ルーラがマクロンと会談へ=G7でアルゼンチンのミレイに会わず

昨年6月のマクロン大統領(左)とルーラ大統領(Ricardo Stuckert/PR)
昨年6月のマクロン大統領(左)とルーラ大統領(Ricardo Stuckert/PR)

 ルーラ大統領は今週渡欧し、フランスのマクロン大統領と会談を行う予定だ。9日に行われた欧州議会選で極右勢力が伸び、マクロン氏の勢力が敗れた後での会談となる。欧州議会選の結果はルーラ政権にも影響を及ぼしている。10日付G1サイト(1)などが報じている。
 ルーラ氏の渡欧は13日から15日にかけてイタリア南部プーリア州で開催されるG7サミットに合わせたものだ。ブラジルはG7構成国ではないが、イタリアのメローニ首相の招待を得て参加する。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事