spot_img

アルキミン訪中=264億レのインフラ融資協定=習主席「中国とブラジルが世界の模範に」

ジェラルド・アルキミン副大統領兼商工開発相(左)と習近平国家主席(右)(7日付コレイオ・ブラジリエンセの記事の一部)
ジェラルド・アルキミン副大統領兼商工開発相(左)と習近平国家主席(右)(7日付コレイオ・ブラジリエンセの記事の一部)

 中国を公式訪問していたジェラルド・アルキミン副大統領兼商工開発相は、現地時間の7日に習近平国家主席と会談を行った。中国政府はその席で、リオ・グランデ・ド・スル州の復興支援を含む、ブラジルにおける総額264億レアル(約49億5千万米ドル)のインフラ融資協定を発表した。
 他方、アルキミン氏はブラジルと中国の商業パートナーシップの重要性を強調し、両国関係が新しい雇用を生み出し、ブラジル経済を向上させると指摘。ブラジルの自由貿易と多国間主義への支持を表明し、商業の防衛は保護主義ではなく、規則に基づいて行うことも強調した。習氏も、「中国とブラジルの関係が世界の協力と平和を促進する模範となる」と述べたと、7日付コレイオ・ブラジリエンセ(1)やアジェンシア・ブラジル(2)が報じた。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事