spot_img

【4日の市況】イボベスパ指数は0.19%マイナスの121,802.06ポイントとなり5連続安=GDP前期(4Q23)比で0.8%増にも関わら、ヴァーレとペトロブラス下落で

 この日の話題は、ブラジルの2024年第1四半期の国内総生産(GDP)で、前期(4Q23)比0.8%増となった。2023年第1四半期と比較すると、GDPは2.5%増加した。昨年の第3四半期、第4四半期ともに横ばいであったため、この結果は回復を意味する。しかし、この数値はボベスパ指数をプラスに押し上げるには十分ではなく5連続安となり、本日0.19%安の121,802.06ポイントと200ポイント以上下落した。
 GDPをよく見てみると、今日の下落の理由のひとつがわかるかもしれない。
 ルーラ大統領は、ソーシャル・ネットワークでGDPの結果を祝った。「今年の第1四半期のGDPは、家計消費とサービスの向上に牽引され、前進した。IMFの予測によれば、ブラジルのGDPは世界8位に浮上する。私たちが正しい道を歩んでいることのさらなる証拠です」。実際、オースティン・レーティング社の推計によると、IMFの予測によれば、今年のブラジルのGDPは2兆3310億米ドルに達し、9位に後退するイタリアを抜くことになる。2025年にも、ブラジルのGDPは2兆4,370億米ドルで8位にとどまると予想されている。
 しかし、特にリオ・グランデ・ド・スル州での悲劇を受け、アナリストの側には多くの懸念がある。財務省の経済政策事務局(SPE)も声明の中で、今年1月から3月にかけて好転したにもかかわらず、リオ・グランデ・ド・スル州の気候の悲劇が悪影響を及ぼし、第2四半期以降のGDPに影響を与えるという慎重な見方を示している。「農業と製造業は、国のGDPよりも州のGDPに占める割合が高いため、特に影響を受ける可能性が高い。輸送やその他のサービス活動も、移動の悪化や個人的なサービス、食料品、宿泊施設の提供の制限を反映し、震災の影響を受けるはずだ」
 XPの報告書はこの点について次のように説明している。「一方では、雇用創出と実質賃金が最近の期間に力強さを増しているため、労働市場はさらに力強さを増している。他方、リオ・グランデ・ド・スル州の自然災害は第2四半期の活動指標に大きな影響を及ぼし、金融情勢は今後数四半期、当初予想よりもタイトになる可能性が高い」。 同じくサンタンデールの分析では「今後を展望すると、プレカトリオの支払いによる影響の減少やリオ・グランデ・ド・スル州の洪水の悪影響により、第2四半期には減速が予想される」とある。
 IBGEは慎重で、大水害が南部へ与える悪影響を推定することをまだ避けている。だから、当面のシナリオは不確実性に支配されている。
 商業ドルもまた影響を受けたが、より広範な理由によるもので、火曜日には大幅に上昇し、+0.98%で5.28レアルとなった。イタウーのエコノミストは、地政学的な緊張の中、ドルは今後も強く、さらに上昇する可能性が高いと見ている。「新興国にとって、ドル高は利下げサイクルの抑制に寄与するはずだ。過去の水準と比較して金利差が相対的に小さい国の通貨が、今年最も下落したことに注目したい。そのひとつがブラジルレアルで、歴史的にドルとの相関性が高い」と評価している。

GDP、ドル、コモディティの日にIbovespaが下落

 GDPとドルはIbovespaに影響を与えたが、もう一つの要因はコモディティだ。ヴァーレ(VALE3)は今日も一貫して1.02%下落した。またペトロブラス(PETR4)は、先日のOPEC+会合を反映して国際原油価格が再び大幅に下落し、1.11%下落した。
 ボベスパ指数の最重量2銘柄の幅広い後退は、指数の回復を妨げる基本的な要因となっており、昨日と同様、銀行の上昇によって一部相殺された。BB(BBAS3)は、先週に引き続き、この日最も取引された銘柄で、0.29%上昇し、ブラデスコ(BBDC4)がさらに0.91%、イタウ・ウニバンコ(ITUB4)がさらに0.35%上昇した。
 エンブラエル(EMBR3)も一貫して上昇し、2.59%上昇した。サベスピ (SBSP3) は、民営化のルールが明確になったことから1.52%上昇した。また、SLCアグリコラ(SLCE3)は3.04%上昇し、「2023年/2024年の収穫の見通しが、新聞に掲載された予測よりも良いと考えるアナリストが推奨を増やしていることから、下落相場では良い選択肢になりそうだ」と、資本市場のスペシャリストでマトリス・キャピタルのパートナーであるジャクリーン・キスト氏は述べた。
 アナリストに賞賛された2つの株は、今日、過大な前宣伝に応えることができなかった。トットブズ(TOTS3)は0.85%下落した。ある銀行が「トットブズのクルーズフライト」と題するレポートを発表し、同社に対するポジティブな構造的見方を強調したにもかかわらず。レデ・ドール(RDOR3)は銀行によって「買い」に引き上げられたにもかかわらず、0.59%下落した。スザノ(SUZB3)もIPとのソープオペラの影響で0.45%下落した。

 今週はまだ始まったばかりで、これから発表されるデータによって不透明な状況が続く。明日はブラジルで4月の鉱工業生産、米国でサービス業PMIが発表され、経済活動が本当にブレーキをかけているのかどうかが注目される。そして金曜日(7日)には、米連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策の指針として好んで使うデータのひとつである、恐怖の雇用統計が発表される。
 話題には事欠かないが、まだ火曜日なので、とりあえず一息ついて深呼吸するしかない。

 

 

最新記事