spot_img

保健省=電子タバコの使用阻止=世界禁煙デーに合わせて

電子喫煙具の一例(©haiberliu/Pixabay)
電子喫煙具の一例(©haiberliu/Pixabay)

 保健省が5月29日、「世界禁煙デー(5月31日)」を記念し、電子タバコの使用阻止のためのキャンペーンを始めたと同日付アジェンシア・ブラジル(1)が報じた。
 保健省はキャンペーンを行う理由を、「世界保健機関(WHO)によれば、電子タバコのような新製品やタバコ業界が流す人を欺くような情報は脅威であり、喫煙開始の低年齢化を招いている」からと説明している。同省が示したデータによると、電子タバコを使う子供や青少年は、将来、タバコを吸うようになる可能性が最低でも倍になるという。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事