spot_img

ルーラ、連邦議会で立て続けて敗北

ルーラ大統領(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)
ルーラ大統領(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

 連邦議会は28日、ルーラ大統領が拒否権行使で服役囚に認めようとした、母の日やクリスマスなどの祝祭日の外泊許可(家族訪問、サイジーニャ)を再び禁じる一方、ボルソナロ前大統領が定めた「ネットでの虚報拡散者は逮捕しない」とした刑法判断を有効なまま据え置いた。同日は、下院が銃規制法関連の暫定令を、「学校から1キロ以内には射撃クラブを作らない」とする条項を拒否した上で承認。大統領にとっては大きな敗北の日となったが、1日でこれだけ重なるのも珍しい。(1)(2)(3)

最新記事