spot_img

サンパウロ州=近所の老夫婦と娘婿を刺殺=容疑者の少年も遺体で発見

事件を報じるⅩの投稿
事件を報じるⅩの投稿

 近所に住む家族3人を殺害したと見られる15歳少年が27日、サンパウロ州バウルで遺体となって発見された。同日付G1サイト(1)が報じている。
 少年は24日にサンパウロ州アグドスで起きた殺害事件の犯人と見られていた。被害者は、アパレシド・カラスコさん(74)と妻のジョアナさん(70)、娘婿のヴァルジネイ・デ・ソウザさん(57)の3人で、ナイフで首筋を刺されて死亡した。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事