spot_img

ブラジル南部海域で磁気異常拡大=通信不調や衛星故障の原因に

南大西洋異常帯の範囲(25日付けCNNブラジル・サイトの記事の一部)
南大西洋異常帯の範囲(25日付けCNNブラジル・サイトの記事の一部)

 25日付CNNブラジルなど(1)(2)によると、ブラジル南部と南東部にまたがる南大西洋海域で磁気異常が拡大しており、通信や衛星システムに悪影響を与えている。これは米国政府が今年発表した最新報告で明らかにされたもので、この南大西洋磁気異常(SAA)は、地球を取り囲む磁気圏が最も弱い南大西洋に位置し、科学者や宇宙期間によって監視されている。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事