spot_img

【24日の市況】Ibovespaは124,305.57ポイントで0.34%下落、週足で3.00%安=ドルは0.27%高の5.16レアルに

 Ibovespaは124,305.57ポイントで0.34%下落してその日を終え、週3.00%ダウンとなった。2023年3月以来で最悪の週を終了した。Ibovespaが全セッションでマイナスとなった週は、2023年9月4日から8日までの間以来だったが、その週はブラジル独立記念日の祝日があったため、取引セッション数が4セッションと短かった。
 また、商業ドルは0.27%高の5.16レアルで取引を終え、銀行間預金金利(DI)はカーブ全体で上昇した。中銀のロベルト・カンポス・ネト総裁が、インフレ期待は金融当局にとって悪いニュースであり、最近のデータはブラジルに関するリスク認知の悪化も示していると指摘したことを受け、ドルは上昇した。中銀総裁は、ゼットゥリオ・バルガス財団主催の金融政策に関する年次セミナー(X Annual Seminar on Monetary Policy)で講演し、「インフレ予想に関しては、中銀にとって非常に悪いニュースだった」と述べた。
 「最近になって、米国のロング(金利)カーブが戻り、終値も少し戻ったが、ブラジルはほとんど改善していない。つまり、この動きでは、ブラジル特有の(リスク)プレミアムがカーブに加わっていることを示唆している」と付け加えた。
 一方、ロジェリオ・セロン国庫庁長官は、より良い絵を描いた。同氏によれば、財政基盤の回復は経済チームの予想通りに進んでおり、今年の基礎的財政赤字に関する市場の予測でさえ改善され、政府の予測に近づいていると指摘した。
 しかし、財政状況はアナリストや投資家にとって懸念材料でなくなるには程遠い。誰もが改善を期待していた時に、リオ・グランデ・ド・スル州の悲劇は悪化の一途をたどっている状況だ。連邦政府は、リオ・グランデ・ド・スル州の復興工事のために18億レアルを追加融資した。この特別融資は、23日(木)夜に発表された暫定措置(MP)1,223/2024によって承認された。
 株式市場では、米国で見られた「すでに終わった」風潮のためか、売買の少ない一日となった。米国では、投資家は月曜日(27日)のメモリアルデーの連休を控えている。ウォール街の主要株価指数は本日上昇し、エヌビディアの良好なバランスシートを金融政策への懸念よりも重視した。ゴールドマン・サックスのアナリストは、FRBの最初の利下げ予想を7月から9月に延期した。「インフレは9月までにかなり改善する可能性が高いが、完璧になる可能性は低く、利下げはあまり明白な決定ではない」とゴールドマンのエコノミスト、デービッド・メリクルは書いた。

Ibovespa、ヴァーレとペトロブラス

 サンパウロでは、ヴァーレ(VALE3)の動揺が感じられた。アレクサンドル・シルヴェイラ鉱山エネルギー相がマリアナ(MG)事件について発言するまで、株価は一貫した上昇でスタートした後、0.05%上昇し、ほぼ安定した状態で一日を終えた。同氏によると、問題は協定の値段ではなく、プロセスを停止させる可能性のあるテキストの内容だという。また、鉄鉱石先物は中国で変動し、VALE3の論拠にはならなかった。
 ペトロブラス(PETR4)は0.54%下落し、ヴァーレと同様の道をたどった。開幕前、同社の取締役会はマギダ・シャンブリアの取締役就任を承認し、新CEOに選出した。株価は上昇した。しかし時間の経過とともに、国際原油価格の上昇にもかかわらず、PETR4は下落し、マイナスで引けた。
 スザノ(SUZB3)は、世界全地域の顧客に対し、6月以降の発注分についてパルプトン価格の値上げを通告したにもかかわらず、2.32%下落してこの日を終えた。
 この日の大きな話題は、アズール(AZUL4)とゴル(GOLL4)のコードシェア協定であった。アズール(AZUL4)は5.18%上昇、ゴル(GOLL4)は11.90%上昇した。
 そしてダーサ(DASA3)は前日13.69%の急騰の後、アミルとの取引の可能性を明らかにした診断薬会社として再び急騰した。今日の上昇率は11.78%だった。昨日の始値では3.38レアルだった。今日の終値は4.27レアル。
 来週は米国でも(月曜日はメモリアルデー)、ブラジルでも聖体祭が木曜日(30日)にサンパウロ証券取引所を閉鎖するため、営業日数が少なくなる。しかし、それは興奮するような出来事がおきないという意味ではない。指標のない週を終え、次の週は火曜日(28)にIPCA-15とCaged、水曜日(29)にPNAD、木曜日(30)に米国の四半期GDPが控えているからだ。

 

 

最新記事