spot_img

【23日の市況】ボベスパ指数は0.73%安の124,729.40ポイントで920ポイント下落=ドルは0.06%下落の5.15レアルに

 インガルス&スナイダーのシニア・ストラテジスト、ティム・グリスキー氏は、「私たちは技術革命の中にいて、それはまだ初期段階にある。特にエヌビディアについては、楽観的にならない方が難しい」と強調する。昨日の市場終了後、待望のバランスシートが発表され、2024年第1四半期の業績がすでに非常に楽観的な予測を上回り、利益も628%増の148億ドルに達した。このニュースは世界の株式市場を押し上げるのに十分だろうと期待された。しかし、そうはならなかった。ウォール街では、開場時にはある種の高揚感があったが、時間が経つにつれてそのムードは消え、主要株価指数は一貫して下落して引けた。
 サンパウロでもそれは同じだった。ボベスパ指数は0.73%安の124,729.40ポイントで取引を終え、920ポイント下落し、5月は0.95%のマイナスとなった。商業ドルは0.06%下落の5.15レアルで引けた。銀行間預金金利(DI)は、カーブ全体で下落してこの日を終えた。
 本日XPのモーニング・コールに参加したXPのグローバル・リサーチ・ストラテジスト、パウロ・ギッツ氏は、エヌビディアは「人工知能という現象の偉大な表現者である」と述べ、すべての期待を正当化した。「すでに時価総額で世界第3位の企業になっている。すでに2兆5000億ドルの価値がある。マイクロソフトとアップルに次ぐ規模だ。すでに年間100%上昇している企業だ。市場がその業績に対して抱く期待や不安を大切にするボラティリティを持っている」とも語った。
 好調な数字に加えて、エヌビディアは1株から10株への株式分割も発表した。エヌビディアがこれを行うのは過去3年間で2度目となり、前回の分割が発表された2021年5月以降、500%の上昇を記録している。株式分割は株式の価値に基本的な影響を与えないが、マップシグナルズのチーフ投資ストラテジスト、アレック・ヤング氏によれば、小口投資家の購入を後押しする効果があるという。「分割は素晴らしいニュースだ。小口投資家のお気に入りとなる銘柄の魅力を過小評価すべきではない」
 昨日発表された米連邦準備制度理事会(FRB)の議事録は、引き続きセンチメントの重石となった。JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEO兼会長にとって、米国経済の「強制着陸」はまだ否定できない。CNBCのインタビューで、ハードランディングの見通しについて聞かれたダイモン氏は、こう答えた。もちろん、歴史を知っている人が可能性がないと言えるわけがない。彼にとって、アメリカ経済にとって最悪のシナリオは「スタグフレーション」であり、もしそうなれば、失業率が上昇する中でインフレ率も上昇し続けるが、成長率は鈍化するというものだ。
 しかし、サンパウロでは、今日投資家を苦しめているのは、昨日投資家を苦しめていたものだ。モンテ・ブラボーのチーフ・エコノミスト、ルチアーノ・コスタ氏は、政府が昨日、今年の財政赤字見通しを下方修正したことを受け、何よりも財政シナリオを不安要素として挙げている。「内部からの雑音は不確実性を高めている。政府の見通しが赤字目標ゼロの範囲内に収まっているとしても、いくつかの支出を過小評価しているのではないかという疑念がある。目標を変更し、削減しなければならないかもしれません」とコスタ氏は言う。
 コスタ氏は、「前回のCopom会議での意見の分裂もあり、市場は金融政策の先行きに不安を覚えた。今日、中銀のディオゴ・ギエン経済政策局長は、金融政策の実施における柔軟性を擁護し、次のステップを示すことなく、インフレ率を目標まで低下させるという確固としたコミットメントを持って、慎重に行動すべきだという共通の見解をCopomのメンバーは共有している」と強調した。
 そして、リオ・グランデ・ド・スル州の終わりのない犠牲もある。悲劇による死者数は増加し、グアイバ川とパトス湖周辺の町を侵食している腐った水の水位は、再び雨によって上昇した。ギジェン氏は、「洪水による経済的影響を見積もるのはまだ時期尚早だ」と述べ、現在進行中の悲劇による社会的・環境的影響はまだわかっていないと述べた。

ヴァーレ、ペトロブラス、銀行が下落

 こうした中、サンパウロの株価はまったく振るわなかった。ユーモアもムードもない。ヴァーレ(VALE3)は中国で鉄鉱石が下落し、0.60%下落した。
 ペトロブラス(PETR4)は、100%の追加配当があるかもしれないとの朗報を受けて上昇でスタートしたが、売り手市場の圧力に耐えられず1.00%下落して終わった。
 ブラデスコ(BBDC4)は1.68%下落し、イタウ・ウニバンコ(ITUB4)は0.89%下落した。BB(BBAS3)はこの日最も取引された株のひとつで、2.04%下落した。B3 (B3SA3) は0.45%上昇した。
 ビボ(VIVT3)とTIM(TIMS3)は、大手銀行からの買い推奨があっても、それぞれ0.37%と1.73%下落した。
 プラス面では、ロハス・レナー(LREN3)が最近の下落の後、2.21%の上昇で少し回復した。JPモルガンによると、リオ・グランデ・ド・スル州の洪水に伴う収益動向に対する投資家の懸念が下落を悪化させた。スザノ(SUZB3)は3.68%上昇した。
 しかし、Ibovespa以外で最も喜んだのはオンコクリニカス(ONCO3)の株主で、同社は10億ドルの投資を受けて23.49%急騰した。
 明日は米国のメモリアル・デー(27日月曜日)前の最後の取引となる。データ・アジェンダが空白のままであることもあり、ビジネスはこれを念頭に動くかもしれない。もしエヌビディアが気分を変えないとしたら、何が変えられるだろうか?

最新記事