spot_img

ザンベッリ下議=ハッキング嫌疑で被告に=最高裁判事も呆れる犯罪?

ザンベッリ下議(Lula Marques)
ザンベッリ下議(Lula Marques)

 21日、最高裁第1小法廷は、カルラ・ザンベッリ下議(自由党・PL)らが、国家法務審議会(CNJ)のコンピューターをハッキングし、アレッシャンドレ・デ・モラエス判事逮捕の偽造書類を混在させたとする連邦検察庁からの起訴状を受け付ける判断を行い、同下議らを被告とした。同日付UOLサイト(1)が報じている。
 これは、2022年末から2023年初頭にかけて、 CNJのコンピューターにモラエス判事逮捕のための偽の資料が混入されていた件に関するものだ。その報告書は、モラエス判事が犯罪集団コマンド・ヴェルメーリョのリーダーで実刑200年に値する犯罪者を釈放したなどの虚報に基づくものだった。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事