spot_img

【21日の市況】ボベスパ指数は0.27%安の127,411.55ポイントと約339ポイント下落=ドルは0.23%上昇で5.11レアルに

 今週火曜日のセッションは、投資家たちが、明日発表される連邦準備制度理事会(FRB)の議事録(金融当局が金利に対処するための次のステップの手がかりとなる可能性のある文書)を待ちながら、様子見をしていたため、落ち着いた展開となった。その結果、ニューヨークの主要株価指数は終日安定を脱する力強さを見いだせず、サンパウロのボベスパ指数は0.27%安の127,411.55ポイントと約339ポイントのマイナスに終わった。商業ドルは5.11レアルで0.23%上昇した。

 火曜日にXPのモーニングコール番組で司会を務めたXPのチーフ・エコノミスト、カイオ・メガレ氏は、最近の米国のデータは「心強い」もので、「FRBに利下げプロセスの前倒しを促す」可能性があると述べた。「FRBは年末の利下げを示唆していたが、恐らく7月か9月に前倒しされるだろう」と述べた。
 米連邦準備制度理事会(FRB)のクリストファー・ウォーラー議長は本日、最新のインフレデータは実に「心強い」ものであり、米中央銀行の金利は適切なものだと述べた。「経済に関するデータは、制限的な金融政策が総需要を冷やすのに役立っていることを示しており、4月のインフレデータは、2%への前進がおそらく再開したことを示唆している」
 これは、投資家が水曜日のFRB議事録に求めているシグナルだ。何か新しい材料があるかどうかは、議事録を見てみなければわからないので、念のため、今日の市場は慎重に動くことになった。
 少なくとも欧州では、インフレが抑制され、楽観的なムードが広がっている。欧州中央銀行のクリスティーヌ・ラガルト総裁は、ユーロ圏のインフレはコントロールされていると「本当に確信している」と述べた。
 しかし、サンパウロでは他にも注意すべき問題がある。今週のFocus Bulletin(中銀週報)で最も印象的だったのは、来年のIPCA予想が再び上昇したことだ。これは中銀の行動に変化をもたらす可能性がある。メガレ氏は、「これは、特にCopomが注目している金融政策に関連する水平線であるため、重要である」と述べた。Focus Bulletinの2025年の予測は3.66%から3.74%に上昇した。「大したことではなさそうだが、(インフレ)目標は3%だ。すでに3.5%で、4週連続で上昇している」。これは「Copomコポンを非常に不安にさせるシナリオだ」と彼は付け加えた。
 ブラジリアでは本日、ルーラ大統領が、2024年まで市町村の年金負担率を8%に維持することで合意するなど、市長を支援するための一連の措置を発表した。この発表は、自治体擁護イベントの開会中に行われた。「5月24日から、75億6,300万レアルの補正が解除され、約60億レアルが市町村の口座に入る」とルーラ大統領は述べ、州や市町村の債務の証券化を扱う法案459/2017に対する政府の支持も表明した。
 一方、リオ・グランデ・ド・スル州の悲劇は、水が引くにつれて目に見える形になっている。水は引き、死者は増える。一部豪雨に襲われつつあるサンタカタリーナ州でも問題が山積してきた。そして市場は、人道的・経済的危機の上に財政負担がのしかかると予測し、遠くから見守っている。

Ibovespa、ヴァーレ、ペトロブラス

 株式市場では、この日は出来高が少なかった。ヴァーレ(VALE3)は、中国の鉄鉱石がアジアの巨人への楽観論に後押しされ、大幅上昇でスタートした後、0.29%下落した。
 ペトロブラス(PETR4)は、終盤までプラスを維持し、マイナスに転じた。来週の金曜日(24日)に開催される取締役会で、マグダ・シャンブリア氏が同社の新最高経営責任者として承認される見込みであることが注目されている。
 ガイダンスを更新し、2024年の1株当たり調整後純利益を1.6~1.9レアルと予想したYduqs(YDUQ3)は、10.22%急騰した。シティのアナリストによると、2024年の予想中間値は彼らの予想通りだが、2025年以降は、強気シナリオ間のばらつきは比較的大きいものの、ガイダンスは彼らの予想を上回るという。いずれにせよ、ガイダンスの “強気 “シナリオでは、2025年のP/L倍率は4.4倍から6.6倍で取引される可能性がある。
 下降局面では、サベスピ(SBSP3)が3日続落し、銀行が買い推奨を強化したにもかかわらず、現在1.07%下落している。ロハス・レナー(LREN3)は3.95%下落し、推奨が引き下げられ、「小売を考えるムード」が最近の状況だ。今日、マガジン・ルイザ(MGLU3)も3.18%下落し、銀行間預金金利(DI)がカーブ全体で低下しているにもかかわらず、下落した。
 しかし、このセクターでは例外もある。アレッツォ(ARZZ3)は、グルーポ・ソーマ(SOMA3)との合併が完了すると、Azzas 2154となり、AZZA3のティッカーで取引される。
 もうひとつの目玉はスザノ(SUZB3)だ。この日最も取引された株は3.72%下落し、昨日の下落(0.78%)を補強した。 アナリストは「検討中の契約は規模が大きすぎ、複雑で、シナジー効果が期待できない」とみている。

歳入

 データに関しても、ほとんど動きはなかった。本日の市場では、連邦政府の4月の歳入総額が2288億7300万レアルとなり、前年同月比実質8.26%増となったことが分かった。年初4カ月の徴収額は8,866億4,200万レアルで、前年同期比8.33%増となった。それでもXPのアナリストは、今年の赤字目標ゼロを達成するには不十分だとみている。
 明日はFRB議事録とエヌビディアのバランスシートで、より忙しい一日になることが予想される。唯一の望みは、凪が嵐にならないことだ。

最新記事