spot_img

最高裁=「胎児心停止」の禁止を差止=妊娠22週を超える場合にも

モラエス判事(Rovena Rosa/Agencia Brasil)
モラエス判事(Rovena Rosa/Agencia Brasil)

 最高裁のアレッシャンドレ・デ・モラエス判事は17日、連邦医学審議会(CFM)に対し、合法的な中絶の場合は、妊娠22週を超えていても「胎児心停止」と呼ばれる手段の使用を差し止めることを禁じた。同日付G1サイト(1)などが報じている。
 「胎児心停止」はポルトガル語で「アシストリア・フェタル」と呼ばれ、女性の子宮から取り出される前に胎児の心臓の動きを止める製品を注射する。これは世界保健機関(WHO)が妊娠22週以上の胎児に対する合法的中絶の場合に勧めている方法だ。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事