spot_img

ペルー=トランスジェンダーは精神疾患=国民が大挙して新法に抗議

リマで行われた新法撤廃を求めるデモ行進に参加する人々(15日付コレイオ・ブラジリエンセの記事の一部)
リマで行われた新法撤廃を求めるデモ行進に参加する人々(15日付コレイオ・ブラジリエンセの記事の一部)

 南米ペルーのディナ・ボルアルテ大統領は10日、トランスジェンダー(身体的性別と性自認が一致していない人)を正式に精神疾患として分類する政令に署名した。ペルー保健省(MINSA)はこれによってトランスの人々が無料の心理療法を受けやすくなると主張しているが、LGBTQIAP+活動家たちは懸念を表明し、政策が性的寛容やトランスフォビア(トランスジェンダー嫌悪)を深める可能性があると警告していると、15日付コレイオ・ブラジリエンセ(1)が報じた。
 5月17日の「国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日」の直前に公布された最高政令第009―2024―SA号は、「トランスセクシャル、(異性の服装に過度な性的欲求や性的関心を抱く)異性装フェティシズム、性同一性障害、自我異和的性的指向」などが精神的な健康問題(病気)に含まれると規定している。この決定は、世界保健機関(WHO)が1990年に同性愛を国際疾病分類(ICD)から除外した事実を無視しているとして、物議を醸している。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事