spot_img

【17日の市況】Ibovespaは132.91ポイント下落で128,150.71ポイントで終わる=週足では先週0.71%マイナスだが今週は0.43%プラス

 Ibovespaは132.91ポイント安、128,150.71ポイントとなり0.10%下落で取引を終えた。市場は静かな金曜日だった。週足では先週0.71%のマイナスに終わったが、今週は0.43%のプラスとなった。商業ドルは、中国の景気刺激と鉄鉱石が前進したことで、0.55%安の5.10レアルで取引を終えた。銀行間預金金利(DI)は主に上昇した。
 「FRBが利上げして昨年の12%水準に達したときほど、長期のDIが大きく上昇する余地は今は見当たらない」とワグナー・インベスティメントスのディレクター、ホセ・レイムンド・ファリア・ジュニオールは語った。
 今日の市場を落ち着かせたのは、ロベルト・カンポス・ネット中央銀行総裁がEstadãoのインタビューに答えたことだ。FBキャピタルのオペレーション・ディレクター、フェルナンド・ベルガロは、「カンポス・ネット総裁はこれまでと同様、インフレ目標へのコミットメントを再確認し、中銀の自主性を強調した。中銀は技術的で、非常に優秀な技術スタッフを擁している」と述べた。
 カンポス・ネット氏はセリック金利のさらなる引き下げについては否定的だ。カンポス・ネット氏は、6月に開かれる金融政策委員会(Copom)の次回会合まで、当局には「変動要因がどのように展開するかを知るための時間、落ち着き、冷静さ」が必要だと述べた。注視すべき変数はたくさんある。「現在のインフレ率、予想インフレ率、フォーカスと暗黙のインフレ率、外部シナリオ、地政学的問題、原油価格の動向、リオ・グランデ・ド・スル州の復興が意味するもの、インフレ率、成長率などだ。ひとつだけではありません」
 リオ・グランデ・ド・スル州の復興に言及することで、カンポス・ネット氏はより困難な財政状況を予測しており、この点についてはフェルナンド・ハダジ財務相も本日のインタビューで次のように述べている。「リオ・グランデ・ド・スル州は農業で20億レアル、歳入で140億レアルの損失を見込んでいる」
 ハダジ氏はまた、ペトロブラス(PETR4)の指揮官交代についても問われ、「ルーラが大統領のときペトロブラスはいつも成長し、(同社の)CEOはほとんど大臣クラスだ。大統領とは良好な関係を築く必要がある」と述べた。市場が聞きたいこととは違うが、舞台裏で何が起こっているかにかかわらず、石油会社は今日も1.66%下落となり、2024年第1四半期のバランスシートとサプライズ指揮官交代以来、4日連続で急落した。
 中国の景気刺激策と鉄鉱石の上昇でヴァーレ(VALE3)が1.96%上昇し、ドルが下落したために、Ibovespaはあまり下落しないですんだ。
 銀行もペトロブラスの下落を緩和し、短時間ながら効率的な上昇に貢献した。BB(BBAS3)は0.04%上昇し、ブラデスコ(BBDC4)は0.52%、イタウ・ウニバンコ(ITUB4)は0.03%上昇した。
 JBS(JBSS3)はその勢いを維持し、2.60%上昇して再び黒字で引けた。マルフリグ(MRFG3)は2.13%上昇し、ミネルバ(BEEF3)は0.15%下落した。
 IRB (IRBR3) は0.40%上昇し、大手銀行が同銘柄への推奨を「中立」に引き上げた。レデ・ドール(RDOR3)は、健康保険仲介のD’Or ConsultoriaをMDS Consultoriaに8億レアルで売却し、0.94%上昇した。ポジティボ(POSI3)は5.94%上昇し、株価推奨は「買い」に引き上げられた。
 この日の大勝者は3Rペトロリアム(RRRP3)で、エナウータ(ENAT3)の法人化を承認したことで7.14%急騰し、同3.65%上昇した。
 サンタンデール・ブラジルのアナリストは、リオ・グランデ・ド・スル州の洪水の悪影響にもかかわらず、2024年のブラジル経済成長率の見通しを1.8%から2.0%に引き上げ、今年と来年の基本金利が高めである予想をし始めた。「2024年のGDP予想を上方修正したが、両面でリスクが高まると見ている。現在、労働市場はさらに強化され、失業率は低水準が長期化し、失業率がさらに低下するリスクがあると見ている。そのため、2024年のGDP見通しを引き上げた」と銀行はレポートで書いた。
 来週は、22日(水)まで発表されない前回のFRB議事録を除けば、今日と同様に静かな指標発表となるだろう。その前に、金曜日はゆっくり過ごそう。今週はヘビーな1週間で、誰も鉄のように頑丈ではないから。

最新記事