spot_img

【16日の市況】Ibovespaは0.20%高の128.28千ポイントで、250ポイント強の上昇=Vale、Bradesco、Marfrigともに高値引け、でもPetrobrasは今日も下落

 ペトロブラスの下落にも関わらず、Ibovespaの終値は0.20%高の128.28千ポイントで、250ポイント強の上昇となった。ペトロブラス(PETR4)は、昨日と同様に、ジャン-ポール-プラテスの総裁解雇の結果として、本日もさらに2.84パーセント下落となった。A7キャピタルの株式部長兼パートナーのアンドレ・フェルナンデスは「今回のように政治的圧力による指揮官の交代は、外国人投資家にとって好ましくない」と言う。
 この問題は、ペトロブラス自身の問題にとどまらない。アヴァンギャルド・アセット・マネジメントのアセット・マネジメント・ディレクター、フェリペ・ポンテス氏は、ペトロブラスが好業績を示している時にこの決定が下されたことで、数字が「重要ではない」という懸念が生まれたと指摘する。「重要なのは、政府が国営企業をどう使いたいかということだ」と彼は主張する。
 石油公社の場合、投資家にとって大きな魅力のひとつである配当金に注目が集まっている。2023年の配当利回り(DY)は29.58%で、証券取引所で最も高配当の企業の一つとなっている。2022年の配当利回りは58.84%で、世界で最も多くの配当を行っている。しかし、今後重要なのは経営陣の交代である。オウロ・プレト・インベスティメントスのアナリスト、シドニー・リマ氏は言う。「市場の大部分は、長い間投資家たちを喜ばせてきた特別配当がもうないのだという考えをすでに受け入れている」
 ペトロブラスがボベスパ指数の安定した上昇に貢献しなかったとしても、ヴァーレ(VALE3)は貢献した。この鉱山会社は今日0.73%上昇し、シンガポール証券取引所の6月のベンチマークである鉄鉱石は1.1%上昇した。ブラデスコ(BBDC4)が最も取引され、0.53%上昇した。BB(BBAS3)も0.11%上昇した。

Ibovespaとその他の銘柄

 マルフリグ(MRFG3)は4.44%加速し、2024年第1四半期の生温い結果の中でレバレッジがハイライトのままであった。「北米での牛の供給が制限されたため、事業コストに大きな圧力がかかり、その結果、同社の収益性と連結決算のマージンに大きな圧力がかかり、マージンの面で期待外れの四半期を見た。しかし、南米とBRFは連結収益にプラスに寄与した」とジェニアル・インベスティメントス・チームはコメントした。JBS(JBSS3)もまた、バランスシートに牽引され、4.63%上昇した昨日に続き、上昇を続けた食肉業者である。セクターでは、ミネルバ(BEEF3)が9.38%上昇し、Ibovespaの上昇を牽引した。
 下降局面では、CVC (CVCB3)が7.44%下落し、最大の下落となった。エンブラエル (EMBR3)は、連続の大幅上昇の後、0.77%下落した。
 オーレン(AURE3)も1.66%下落した。オーレンとAESブラジル(AESB3)は本日、両電力会社の経営統合を発表した。これによりAESはオーレンの完全子会社となり、両社の株主基盤は一本化される。アウレンのファビオ・ザンフェリーチェ最高経営責任者(CEO)は、「資本集約的なセグメントと(運営コストの高い)業界では規模が重要だ。両社の類似性により、シナジー効果がこの取引の主な要因だ」と述べた。
 ボベスパ指数へのさらなる支援は外国からもたらされ、ニューヨークの株価指数は赤字となったが、それほど大きな差はなく、終日安定に近い動きとなった。今日、ダウ平均は40,000ポイントという前代未聞の大台に乗り、史上最高値を更新した。終値はそれを下回ったが、まだその大台に近い。

ドルと金利

 商業ドルは、昨日の短い上昇の後、0.13%の短い下落、5.13レアルで一日を終えた。為替レートは、昨日発表された米国の消費者インフレ率(CPI)が予想を下回ったことをようやく吸収した。ネクスジェン・キャピタルのパートナー、フェリペ・イザック氏はロイターに対し、投資家はまだ消費者物価指数のデータを熟考していると語った。「米国が今年後半にようやく利下げに踏み切るのではないかという期待が戻ってきた」と彼は語った。
 銀行間預金金利(DI)は、米国債がカーブ全体にわたって上昇する一方で、大きな振幅はなく、まちまちのまま一日を終えた。
 ブラジル南部では懸念が続いている。人道的な悲劇は続いており、水が多少引いたにもかかわらず、死者の数は増えている。財務省経済政策局(SPE)は本日、マクロ財政速報を発表し、この危機について言及した。
 速報では、2024年のブラジルの経済成長率予測を2.2%から2.5%に改善したが、同時に今年から物価上昇圧力が強まるとの見通しを示した。同省はまた、2025年の国内総生産(GDP)成長率予測が2.8%で、3月に発表された前回のマクロ財政速報で見積もられたのと同じ水準であることを報告した。今年の新たな成長率予測には、リオ・グランデ・ド・スル州の豪雨による災害の影響は考慮されていない。「その影響の大きさは、新たな気候現象の発生、近隣州への影響の波及、豪雨の被害を受けた都市における財政援助や信用供与プログラムの効果に依存する」とSPEは文書で述べている。
 今日が市場にとって静かな一日であったとすれば、金曜日(17日)はさらに静かな一日になりそうだ。とはいえ、週明け3日間の乱高下の後では、誰もこの低迷に文句は言えないだろう。

最新記事