spot_img

米国で逃走続けるブラジル人脱獄犯=警官400人が大捕獲作戦展開

看守がバスケットの試合観戦に熱狂している間に、忍者のように壁を上っていくダニロ容疑者の動画がTicTokなどで広まっている
看守がバスケットの試合観戦に熱狂している間に、忍者のように壁を上っていくダニロ容疑者の動画がTicTokなどで広まっている

 米国ペンシルバニア州の刑務所から脱獄したブラジル人受刑者ダニロ・ソウザ・カヴァウカンテ被告(34)は、8月31日の逃亡から12日経った現在でも身柄が拘束されていない。11日付テラサイトなど(1)(2)(3)が彼の詳しい生い立ちや逃亡の状況について報じている。
 元恋人殺害の罪で終身刑を言い渡されたダニロ被告は8月、仮釈放権のない終身刑判決を受けた。チェスター郡の刑務所に収監され、連邦刑務所への移送を待っていたが31日に脱走した。
 看守が大好きなバスケットボールのテレビ試合観戦に熱中している隙を狙って、幅1・5メートルの廊下の両側の壁の片側に両手、もう片側に両足をついて体を横たえたまま、忍者のように器用に壁を上る防犯カメラの映像がSNSで広まって世界的ニュースになった。
 ダニロ被告はブラジル北東部マラニョン州出身で、貧しい環境で虐待を受けて育ったとみられ、農夫として働くためにトカンチンス州に移住した。2017年11月5日、友人のヴァルテル・ジュニオール氏(当時20歳)を銃で殺害した。動機は借金の返済が滞ったことで、5発の銃弾を受けて死亡した。
 この犯罪の1週間後、ダニロ被告は検察から逮捕令状を受けたが、ブラジル国内のみで有効なものだった。国際指名手配されなかったため、犯罪発生から3カ月後の18年1月に渡米に成功した。
 米国では交際相手のデボラ・ブランダンさんを殺害した罪で有罪判決を受けている。別れ話に応じないダニロ被告に業を濁したデボラさんが、ブラジルでの殺人事件についての告発を仄めかしたため、口封じで殺害した。デボラさんは2人の息子の前で38回も刺されて死亡している。
 12日のオ・グローボの報道によると、同被告はペンシルベニア州の民家に押入り、住人と銃撃戦を繰り広げた挙句22口径のライフルを盗み、そのまま逃亡したと現地で報じられている。同被告は逃走途中でひげを剃って別人のような様相になり、別の服を着た姿が目撃されているという。
 同容疑者を捕獲するため、市、州、連邦の警察官が400人以上も動員され、警察犬、ヘリコプター、ドローンを駆使した大規模な捕獲作戦が進行中で、有力な情報提供に対しての報奨金が2万5千ドル(12万3千レアル)に跳ね上がった。同地区の公立学校は危険性があるため閉校が続いている。

最新記事