spot_img

【25日の市況】新興国からリスク回避させる”パウエル 効果 “とIPCA-15でIbovespa1.02%下落

 ジャクソンホール・シンポジウムでのJerome Powell米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言や、インフレ率IPCA-15が予想を上回ったことを受け、25日(金)のイボベスパ指数は下落して引けたが、週足では0.37%上昇した。同指数は、米国の最高金融当局からの厳しいシグナルの影響を受け、米国とは対照的に1.02%下落の115,837ポイントとなった。
 Powell議長は、FRBは必要であればさらに金利を引き上げる用意があると述べた。今日、米国の政策金利に相当するフェド・ファンドは5%から5.25%のレンジにある。
 RBインベスティメントスのチーフ・ストラテジスト、Gustavo Cruzは「Powellは、インフレ率が予測では2%を超え、3%に近づくはずの来年に、金融引き締めを停止したり、(金利)引き下げを開始したりするような議論を避けようとしたのだろう」とコメントしている。
 CPI(消費者物価指数)で測定されるアメリカの年間インフレ率は、現在3.2%だ。
 Cruzは、「Powellがアメリカ経済の減速を示すデータの発表と、アメリカ経済が依然として成長していることを示す他のデータとのバランスを取ったと説明する。もし住宅価格が下落しているのなら、Powellは、同時に住宅市場が再び過熱していること、労働市場がバランスを取り戻すにはまだ時間がかかること、そして経済活動がまだ非常に回復力があることを証明していることに異論を唱えた。彼が必要だと思えば、もう少し条件を引き締める可能性はある」という。
 その結果、米国債の利回りである国債利回りはショートエンドで上昇した。年物は5.7ベーシスポイント上昇し、5.076%となった。
 シティのトレーディング・デスクは顧客向けコメントの中で、Powell議長はインフレに対してより厳しい言葉を発したにもかかわらず、「やり過ぎ」は米国経済を不必要なリスクにさらす可能性があると言及したと考えている。「国債の動きを見ると、反応はやや中立的だ」
 「その論調は概してバランスが取れているが、やや慎重寄りである。彼は、コンセンサスを上回る成長がさらなる利上げを正当化する可能性を強調している。その一方で、インフレ抑制が進んでいることを指摘し、現在の金利は制限的だと考えていることを強調している」と モルガン・スタンレーはリポートでこう述べている。「重要なメッセージは、これは忍耐のスピーチだということだ」
 同じように、リオ・ブラボー・インベスティメントスのエコノミスト、Luca Mercadanteも、メッセージは慎重なものだったと指摘する。
 「インフレ目標へのコミットメントを強調したFRB議長は、財価格は不動産市場と同様にすでに冷え込んでいるが、サービスインフレは依然として圧力下にあり、特に労働市場が過熱するにつれて、金融政策にさらなる努力が必要になる可能性があると主張した」
 「こうして、特にパンデミックによって引き起こされた金融政策の非定型的なサイクルを認識したPowellは、FRBは現在、曇り空の星を頼りに航海しており、それゆえ慎重なスタンスが必要であると主張し、スピーチを締めくくった」とMercadanteは付け加える。
 オリーズ・パートナーズのチーフ・エコノミスト、Marcos De Marchiは、今のところ経済に弱さの兆候がほとんど見られない中、連邦準備制度理事会(FRB)が利下げに踏み切るとの見方を維持することは「大胆な賭け」だと言う。
 イボベスパ指数にとって、講演はアメリカの株価指数よりも大きなウェイトを占めることになった。ダウ・ジョーンズは0.73%、S&P500は0.67%、ナスダックは0.94%上昇した。
 米国の金利上昇傾向、少なくとも長期安定金利は、ブラジルのような新興国から資金を奪うことになる。このような状況では、投資家はリスクを避けて、世界で最も安全とされる米国債に資金を預けることになる。
 もうひとつの兆候は、ドルが世界的に強くなっていることだ。他の先進国の通貨に対するアメリカの通貨の強さを示すDXYは0.18%上昇した。対ブラジルレアルでは、演説の数分後にドルは0.40%も上昇し、4.90レアルに達したが、0.09%の小幅下落で4.875レアルと安定に近い値動きをした。
 Powell議長の演説に加え、イボベスパ指数は8月IPCA-15の発表にも反応した。0.28%の上昇で、コンセンサスの0.17%を上回った。
 「アメリカの状況は、ブラジルの市場分析と動きに影響を与えた。財政枠組みが承認され、株式市場は週半ばに一息ついたが、米国の金利見通しがムードを支配し、下降サイクルの終わりにSelic金利が想定より高止まりするという予想で動くアナリストがすでに増えている」とノマドのチーフ・エコノミスト、Danilo Iglioriはみている。「8月のIPCA-15は、金融機関や経済コンサルタント会社が発表した予測を実質的にすべて上回った」
 ブラジルのイールドカーブは、この2つの要因が重なり、一斉に上昇した。2024年物のDIは2.5ベーシスポイント上昇し12.41%、2025年物は11.5ポイント上昇し10.52%となった。2027年物および2029年物は、それぞれ8ベーシスポイント上昇し10.24%、5ベーシスポイント上昇し10.73%となった。2031年のDIは3ポイント上昇し11.03%だった。
 国内市場に関連する企業、成長企業、またはレバレッジの高い企業は、Ibovespaの最大の下落要因の一つであった。MRV(MRVE3)の普通株は5.58%、ロカウェブ(LWSA3)は5.29%、CVC(CVCB3)は6.58%下落した。小売企業も大きな打撃を受けた。

 

最新記事