spot_img

セレソン=ミリトンが全治9カ月重傷=守りの要、W杯予選直前に

 サッカー・ブラジル代表(セレソン)のセンター・バックのレギュラー、ミリトンが、所属のレアル・マドリッドの12日の試合で左膝前十字靭帯断裂の重傷を負い、全治9カ月と診断された。これにより、9月に始まるW杯南米予選の序盤の出場が絶望的となった。13日付テラサイト(1)が報じている。

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最新記事