spot_img

【14日の市況】Ibovespaは1.06%下落して10連続安値取引セッションで終了、1984年以来見られなかった現象=下落の主な原因は米国金利と中国経済の弱さで外部要因

 Ibovespaは月曜日(14)、116,809ポイントで1.06%下落して終了し、それによってブラジル証券取引所の主要指数は、1984年2月以来、ほぼ40年間見られなかった10連続安取引セッションを記録した。
 8月に入って以来、ベンチマークは上昇せず、4.21%の下落を記録している。専門家は、この連続下落の主な原因は、本日の下落でも示された通り、その原因は国内市場よりも外国市場のシナリオにあるようだ。
 国内市場に関しては、金融政策委員会(Copom)が月初に金利を50ベーシスポイント引き下げ、13.25%とし、下降サイクルを開始することを決定した後、Ibovespaが下落し続けていることは少し意外だと見られている。金利低下はしばしば株式市場への資金流入を促し、投資家は債券から資金を移すからだ。
 月初には、予想以上の下落をリスク動機と指摘するアナリストさえいた。中央銀行がより積極的になっているとの見方は、政治的影響への懸念を煽り、イールドカーブの長い方の端まで上昇させた。
 その他、ノルド・リサーチのパートナーで株式アナリストのDanielle Lopesは、基準金利の低下はすでに織り込み済みだったと言う。「CDIはまだ非常に高いので、私たちが経験する動きは非常に緩やかで、市場がより積極的な引き下げを示唆するにつれて、私たちは金利引き下げサイクルの強力な再開を持っています。Selicはまだ超高いので、投資家は非常に魅力的なCDIで報われ、まだ証券取引所に戻り、リスク-リターン-レシオについて考えていない 」。CDI (銀行間預金証書) は、銀行が発行する超短期債券だ。
 しかし、ほとんどの理由は本当にそこにある。「我々は、ブラジル株の限界買い手、お金を入れて停止し、8月に撤退し始めた外国人投資家の後退を持っていた」とEQIリサーチのLuís Moran代表は説明する。「この理由はブラジルというより米国市場に関連しており、米国財務省が大型の発行で資金を組み替える必要があるため、金利の長期化とドル高に強気な影響を及ぼしている」
 同専門家はまた、コロナ・ゼロ後の中国経済再開の予測を常に挫折させている中国問題を指摘し、ヴァーレ(VALE3)のようなコモディティ輸出企業、主に冶金・鉱業企業の足を引っ張っていると見ている。
 「中国政府の政治経済モデルは他の先進国とは異なるため、中国政府を100%信頼するのは難しい」。ティッカー・リサーチのパートナーでアナリストのMatheus Sanchesは、「ここ数日、中国の不動産危機というテーマが再燃し、不動産セクターの大企業が問題に直面している」と言う。
 イボベスパ指数に加え、米国の金利上昇とコモディティ安もレアル相場を圧迫した。ドルは本日、対ブラジル通貨で1.25%上昇し、買いで4.965レアル、売りで4.966レアルとなった。月間の累積では、高値は3.68%である。
 月曜の2年物国債は7.6ベーシスポイント上昇し4.973%、10年物は3.1ポイント上昇し4.199%となった。しかし、ダウ・ジョーンズは0.07%、S&P500は0.58%、ナスダックは1.05%それぞれ上昇した。
 両専門家は、原油が月初めから上昇していると指摘する。しかし、ペトロブラス(PETR3;PETR4)が関与するすべての問題のため、コモディティの高値は、イボベスパ指数にプラスのトリガーに変換されていない。市場はますます外国の国際価格とPT政権が強いている安値との不一致を指摘している。
 「ペトロブラスは、国有企業としての課題やガバナンスの不安にも直面している」とMoranは言う。「ペトロブラスの新しい価格政策に引っ張られ、人為的に低価格に設定された燃料がある」とSanchesは言う。
 ペトロブラスの問題は、国内市場にとってマイナスであるとアナリストは指摘している。それとは別に、ブラジルの徴税に関わる問題もあり、これは政府が枠組みで約束したものには向かっておらず、改革の阻止もIbovespaを停滞させている。

最新記事